青木 繁       私の好きな作品

海の幸
重要文化財:所蔵 石橋美術館
1904 制作
油彩・カンヴァス
石橋美術館公式HP で「海の幸」をご覧下さい。
http://www.ishibashi-museum.gr.jp/

以下、日経新聞「美の美:青木繁」竹田博志氏の記事の一部をを引用しながら 。

「海の幸」は、幼なじみの画友坂本繁二郎、美術学校の後輩の森田恒友、画塾仲間の学生福田たねと青木の四人で1904年房州に写生旅行したときの作品である。
坂本繁二郎はその著書のなかで綴っている。「海の幸」は坂本が昼間の写生の折、浜で見たサメ漁の目撃談から生まれた。「夜、青木にその光景を伝えますと、青木の目は異様に輝き翌朝からは大騒ぎのうちに制作が始まりました」「こちらの迷惑などはお構いなしで、モデルの世話だ、画材の買い入れだと追い回されました.青木独自の集中力、華やかな虚構の才には改めて驚かされましたが・・・」
この絵に衝撃を受けた詩人蒲原有明は「あの赤褐色な逞しい人間の素肌のにほひが、自然に対する苦闘と凱旋の悦楽とを暗示している」、と賛美した。

この絵の右から4人目の白い顔、なにかを訴えかけるよう眼差しに誰もが引き込まれる。この顔、眼差しについて竹田氏は次のように続けている。

青木は絵を仕上げた2年後に少年の顔にわざわざ手を入れ女性の顔に描き変えた。房州の写生旅行に同道した画学生、福田たねの顔である。1904年制作の「女の顔」の白い顔と雰囲気がそっくりだ。永遠のマドンナであるはずの人の眼差しはしかし、どこかもの悲しい・・・。天才とうたわれながら貧困と病苦にさいなまされ死を迎えるまで刃物の上を歩くような危うい生活を強いられ、たねには執拗に結婚を迫られ、のっぴきならない境遇にあった青木の心が、これらの絵の眼差しにうつしだしたのではないか。
坂本繁二郎は「ここに至って君の感情は緊張の極に達し、日夜啼泣し、時には夜半に泣き声をあげて怒号することもあり、遂には刃物まで振るうに至っ.た」と追想した。




大穴牟知命 Onamuchi=no=mikoto
1905年 油彩・カンヴァス


この作品は『古事記』上巻にある大穴牟知命 (大国主命)の受難の物語を題材にしている。
横たわる裸体は大穴牟知命(オホナムチ)、左は執虫貝比女(キサガイヒメ)、右は乳房を露わにして手を添え、視線は絵を見るものへ向けている宇牟起比女(ウムギヒメ)である。
オホナムチが兄弟の神々に欺かれて焼けた石をつかまされ死ぬ。
オホナムチの母神の願いを聞いたカミムスビノカミがキサガイヒメとウムギヒメを遣わし、キサガイヒメが貝殻を削ってその粉を集めウムギヒメがその粉を母の乳汁のようにしてオホナムチの体に塗りつけるとオホナムチは命をよびかえしたという物語だ。

発見当初は画布の裏に青木自身の古事記本文と三人の名が注記されていたと言う。また、X線写真によると下絵はウムギヒメの顔はオホナムチに向けられているという。はっとおどろいたような表情で正面のこちらにむけて書き直している。モデルは福田たねである。たねは青木の子を宿していて出産前後の乳のよく出る状態であったそうだ。なお、このときの子が山幸彦・海幸彦にちなんで幸彦と名付けけられた。のちの、福田蘭堂である。



わだつみのいろこの宮
重要文化財:所蔵 石橋美術館
1907年制作
油彩・カンヴァス
石橋美術館公式HP で「わだつみのいろこの宮」をご覧下さい。
http://www.ishibashi-museum.gr.jp/


古事記の山幸彦、海幸彦の古代ロマンあふれる物語を題材としている。絵は山幸彦と豊玉姫の出会いの場面であろう。水を所望した山幸彦に侍女と豊玉姫が壷を持上げている。姫の足元から泡が立ち上るので海の中の設定であろう。兄海幸彦とそれまでの狩の仕事を取り替えて海で釣りをすることになった山幸彦が豊玉姫に出会い、恋をし、子を産む、この間兄弟の争いを解いてゆく古代ロマン。この発端のシーンを海中に描く青木繁の思いが観る者に伝わってくる。地球上の生命を生み育てた海、母なる海、の思いからと思うのはどうであろうか。

青木繁、坂本繁二郎、石橋正二郎が生み出したブリヂストン美術館の
エピソードを「ブリヂストン美術館散歩」にしるした。


へ戻る