INDEX   ロゴをクリックすると そのページにいきます

profileへ
gallery 1へ

「函館山・鞍掛より」、「函館山展望台下」、「大三坂」、「函館巴大橋辺り」、「高原の秋」

gallery 2 へ 「積丹風景」、「神威岬C」、「神威岬B」、神威暮色」
gallery 3 へ 2002年 第73回 第一美術展出展 「北のドラマ」
Gallery 4 2003年 第74回 第一美術展出展 「夢のあとさき
Gallery 5 横津望郷 (A)」、「横津望郷 (B)」、「木地挽高原の秋」
Gallery 6 2004年 第75回 第一美術展出展 「ある「ハル」の夢」
Gallery 7 2005年 第76回 第一美術展出展 「山麓の港」
Gallary 8 2006年 第77回 第一美術展出展 「クレーン ノスタルジア」
Gallary 9 2007年 第78回 第一美術展出展 「クレーン惜別」   2007/6/29 UP
Gallary 10   2008年 第79回第一美術展出展 「渚の回想」      2008/6/8  UP  
Gallery11 2009年 第80回第一美術展出展 「岬の祈り」       2009/6/19 UP
Gallery12 2010年 第81回第一美術展出展 「夢遥か」        2010/6/21 UP
Gallery13 2011年 第82回第一美術展出展 「五稜の夢」      2011/6/17 UP
Gallery14 2012年 第83回第一美術展出展 「追想」 2012/6/13 UP
Gallery15 2013年 第84回第一美術展出展 「夢去りぬ」 2013/6/20 UP
Gallery16 2014年 第85回第一美術展出展 「函館夜景」2014/6/21UP
                     
Gallery17 2015年 第86回第一美術展出展 「時の流れ」2015/6/17UP


三浦 敏勝
1928年函館生まれ。51年から中学校美術教員、中学校校長を務め、89年に退職。
第一美術協会会員。北海道支部長。協会本部委員。


これまで、函館市・いしい画廊で数回の個展を開く。また、95年より第一美術展への出展を続けている。
01年10月には、函館芸術ホールギャラリーで開催の第一美術展北海道支部展へ新作品を出展、02年5月第73回03年5月第74回第一美術展に出展した。また、03年9月函館芸術ホールギャラリーで開催の第一美術展北海道支部展へ新作品を出展した。
04年5月、05年5月の第76回第一美術展に出展した。
06年5月第77回第一美術展に出展した。
07年5月第78回第一美術展に出展した。なお、今回より開館まもない国立新美術館で開催された。
08年5月第79回第一美術展に出展した。
09年5月第80回第一美術展に出展した。
10年5月第81回第一美術展に出展した。
11年5月第82回第一美術展に出展した。
12年5月第83回第一美術展に出展した。
13年5月第84回第一美術展に出展した。
14年5月第85回第一美術展に出展した。
15年5月第86回第一美術展に出展した。
16年5月第87回第一美術展 不出展

gallery1 

鞍掛けより

函館山・鞍掛より   1997年制作、98年第一美術展出展 油彩画 (112X194)

この絵との不思議な出会いは、私の故郷・函館 旧友の絵との出会いに掲載しています。

後年の美展で、偶然の不思議な再会のストーリーも生まれた端緒でした。




函館山展望台下  1999年 第一美術展出展  油彩画



大三坂 F6    1996年  第3回個展 油彩画


函館巴大橋辺り  2000年 第一美術展出展 油彩画


高原の秋     2001年 第一美術展出展 油彩画


第一美術展北海道支部展 出展作品

                      函館芸術ホールギャラリー 2001年10月

積丹風景 神威岬 C

                                

神威岬 B  神威暮色

                                                 

このページのあとがき

「大三坂」は日本の道100選に選ばれ、日経新聞企画「訪ねたい古い町並み」ランキング第一位に推された由緒ある坂道。
「高原の秋」は函館平野を北上する函館本線が平地から山間に入るあたりに位置する木地挽山、木地挽 (きじひき)高原牧場から眺望する駒ケ岳を描いたものだ。
神威岬、積丹の4作品の掲載画像は、三浦氏が撮影した写真をもとに再現した。
三浦氏から、この絵の制作のことで「エメラルドグリーンの表現に奮闘中」とのお便りを頂いていたので、原画の色彩と明るさ・コントラストを極力再現しようとしたが、忠実に再現できなかった。特に、「神威暮色」は薄紅色の微妙な色彩の空と、海面の輝く明るさのトーンに合わせると最上部に描かれた空の色彩と明るさが、原画の色調より明るくなってしまった。
       「積丹風景」の水平線より海岸に至るゆつたりと大きくうねる波、奇岩の影が写す水面の感じ、海岸に近づくにつれて変わる色合、また、「神威岬 C」の岩場の間を流れる潮の色と水平線上の雲の色彩の対比、それら全体の情景が微妙に再現しきれなかった。
ここでお詫びがてら、弁明させていただきたい。私のホームページの環境上の制約、技術の面でこれが精一杯であります。

私はこの地を訪れたことがないが、三浦氏の描くこの情景に共感を覚える。地理、歴史上の淡い知識が生む郷愁のようなものでありましょうか。私も、道産子ですから。

たまたま、東大教授山本博文氏のN H K番組「アイヌ民族と松前藩」を見た後、10月27日東京国際フォーラムでアイヌ文化フェスティバルがあって見聞してきた。その直後に、三浦氏から作品写真が送られてきた。積丹、神威はアイヌの呼称の転じた地名だ。興味があるから、関連したこうした流れになるのだろう。

そして、彼の独自の色彩の世界に惹かれる。願わくは、私も、多くの人も原画の前に立つことができるように。

(2001年11月9日 中里)


トップへ