第3の章.戊辰の役・箱館戦争へ・・・

慶応四年(1868)一月、鳥羽伏見の役で敗れ、「よし、是よりただちに出馬せん、皆々用意せよ」と徳川慶喜は発したと伝えられているが、会津藩主松平容保とともに大坂を脱し六日榎本武揚の「開陽」で江戸に向かった。この翌日政府は朝敵慶喜の追討令を出す。二月十一日慶喜は江戸城を出て寛永寺に謹慎。軍艦、鉄砲の引渡しと、水戸に蟄居などを取り決めて四月十一日江戸城を政府軍に明渡す。

の降伏に旧幕府主戦派は悲憤慷慨して関東各地に騒擾を起こす。新撰組近藤勇の甲州勝沼、下総流山の敗戦、歩兵奉行大鳥圭介の下総市川、宇都宮、日光、会津への敗走、五月、彰義隊の上野寛永寺での敗戦となる。

四月十一日、海軍副総裁榎本武揚は軍艦開陽など八隻を率いて品川を脱出、房州館山に逃れたが勝海舟の説得により一時品川に戻った。
閏四月二九日田安家の徳川宗家相続が決定するが、東北地方における奥羽諸藩の反政府動向は根強く残ってい政府は奥羽鎮撫総督をおき政府軍を派遣、仙台藩に会津藩・庄内藩討伐を命ず。しかし、仙台蕃は米沢蕃とともに会津蕃救解運動を行った。
会津藩恭順の嘆願は拒否され仙台米沢を中心に二十五藩が奥羽列藩同盟を作り、五月三日新発田・長岡等北越六藩も加わり奥羽越列藩同盟を結成、大鳥圭介、彰義隊の残党も参加して政府軍に対抗した。政府は会津征伐大総督、奥羽征討白河口、同平潟口、同越後口総督を配して武力征討に向かう

慶応四年九月十六日(1868年10月30日)会津藩降伏す。相前後して米沢・仙台・盛岡・庄内藩なども帰順し半年にわたった東北戦争は終わった。

これより前 江戸開城、徳川慶喜の水戸屏居、徳川宗家の駿府移封という主家の悲運に憤懣していた海軍副総裁榎本武揚は、主家の減封によって衣食の途を失った旧幕臣を蝦夷地に移住させ徳川の血筋から総裁を迎え北海道開拓にあたることを朝廷に請願したが許されなかった。ここで榎本は同志と計り旧幕臣、諸藩脱走兵二千人を開陽以下八隻に分乗させ八月十九日旧幕艦隊を率いて品川沖を脱出し蝦夷地に向かう。

途中台風に遭遇、2隻が脱落し仙台藩領の東名濱に6隻が集結。1隻を庄内藩救援に派遣した。このとき仙台藩、米沢藩、会津藩は官軍に降伏していた。下総流山、宇都宮、会津と敗戦につぐ敗戦の後仙台に移っていた新撰組土方と、彰義隊の残党、会津、桑名藩士、前所司代松平定敬、前老中板倉勝静・小笠原長之ら旧幕臣重役、仙台藩脱走兵らをここで収容し新編成8隻で北上を続 けた。


明治元年(1868)
旧幕府軍蝦夷地進攻 地点




榎本軍は箱館にいる新政府軍との正面衝突を避け明治元年
10 月20日噴火湾の入り口鷲ノ木に上陸する。
土方隊と大鳥隊に分かれ南下し五稜郭を両面から攻撃している。
2ヶ月に渡る戦闘で函館府知事を追放、箱館、五稜郭を攻略し松前城は11月5日、土方隊を主力とする陸上軍と榎本武揚率いる回天、竜の海上からの砲撃で奪った。旧幕軍の攻略に備え移築し藩主松前徳広が移ったばかりの館城も奪取、江差を攻略し蝦夷地を手中にする。
この戦に破れた藩主松前徳広は弘前に逃れた
当時最強の軍艦、新政府軍の脅威であった「開陽丸]は11月15日江差沖で座礁し、10日後には沈没した。艦将榎本、副長沢が上陸していた隙に折からの突風に。、操船する前に船体が折れたという。


蝦夷共和国樹立

明治元年(1868)12月25日,榎本武揚は蝦夷の平定と新政権の成立を箱館で宣言した。
この日、箱館駐在の各国領事、停泊中の外国館長を五稜郭に招待し蝦夷政権に対する支持と内戦に対する局外中立の維持を求めた声名を発表している。




















「共和国」樹立の祝典の様子
旧幕臣小杉直道「麦叢禄」の付図



この日、士官800名による選挙で、新政権の閣僚が決まっている。

総裁 榎本武揚、副総裁 松平太郎、海軍奉行 荒井郁之助、陸軍奉行 大鳥圭介、陸軍奉行並 土方歳三, 箱館奉行 永井尚志、松前奉行 人見勝太郎、開拓奉行 沢太郎左衛門にそれぞれ任じ統治開拓にあたった。
一方では政府軍の来攻に備えて軍備を厳しくしていた
 共和国宣言の際の榎本の外交手腕で局外中立していた列強も、中立を解除する。アメリカは、明治政府に最新鋭艦「ストンウオール号」を引き渡す。これが「甲鉄」か。明治政府は明治2年(1869)年3月9日、甲鉄以下8隻の北征艦隊を品川沖から北上させた。4月9日江差北方の乙部に到着、旧薩長の諸藩兵を上陸させ17日に松前城を奪還した。前年11月5日に土方隊と榎本艦隊の回天、蟠竜に攻撃奪取されて半年後のことだ。
政府軍の進撃は箱館に向かう。明治2年4月、戦争に利あらずとみた榎本軍が五稜郭撤退もを予想し、また背後からの攻撃に四稜郭台場を急造していた。
政府軍は5月8日箱館平野に全軍の集結を終えた。
北征艦隊は立待岬沖に「陽春」、箱館湾内弁天岬台場沖から有川沖にかけて「春日」「甲鉄」「朝陽」「丁卯」が戦闘配置につき
5月11日午前3時、艦隊の艦砲射撃で箱館総攻撃を開始した。陸上部隊の戦闘を支援が主任務だ。稜郭は新政府軍の十一日の攻撃に、松岡四郎次郎率いる榎本軍は頑強に抵抗したが死傷者続出し夕刻、見事な撤退作戦で五稜郭に帰還している。
陸軍の一隊が五稜郭北西の有川から、午前3時半には輸送船「豊安」より薩摩・筑前・久留米藩を中心とした砲隊が箱館山後方の寒川から殺到した。更にその北方、山背泊に輸送船「飛竜」より津軽・徳山・長州兵が上陸した。
ここは寒川海岸に壁を築き守るもの15人と観音山に壁を築き守るもの6人の新撰組守備前線である。後方、弁天岬台場箱館湾入り口、箱館山突端に砲7,8門を備え 新撰組が守備 する砲台陣地である。
寒川から上陸した薩摩兵らは箱館山頂上に菊の紋章の旗を掲げ、市街地に直進。長州勢は山背泊より弁天岬台場へと兵を進める。背後からの急襲と、圧倒的兵力に新撰組は砲台内へ撤退する。




図の左上が
箱館背後に寒川、山背泊がある。切り立った崖が海岸に迫っている。箱館の右端に弁天岬台場があり、湾の突端の要衝となっている。市街中央部に一本木関門(現若松町)、千代ケ丘陣屋、本拠五稜郭、稜郭と構築されていた。


五稜郭の本拠から土方歳三は、額兵隊ほか残党合わせて100人ほど率いて千代ケ岱陣屋に出陣する。一方弁天岬台場への援軍要請に大野右仲が五稜郭へ馬を飛ばして五稜郭へ向かう。一本木関門を越え千代ケ岱陣屋で土方と出会う。大野は、土方らと一本木関門へ引き返す。このころ旧幕軍軍艦「回天」竜」、「千代田形」は湾内で政府艦隊と交戦している。
「回天」の兵が砲弾を使い果たし隊に引き上げるのを土方は支援する。7時半、軍艦「竜」の放った砲弾が新政府軍の軍艦「朝陽」の火薬庫に命中し轟沈した。僚艦「春日」には後の連合艦隊司令官東郷平八郎がいた。
敗色濃い幕府軍は陸上でこれを目撃し歓声をあげる。大野右仲の「函館戦記」によるとこのとき、土方が大喝して「この好機を失うな!士官隊に命じて前進させよ。しかし、敗兵はすぐには動かない。自分はこの柵にいて、敗走しようとするするものを斬る。大野は兵を率いて戦え。」といったと記録している。大野は土方の指示どおり前進した。だが、敗走しようとする兵が土方のいるはずの柵で止まらない。土方はなにをしているのだろうと大野は不思議に思った。
土方が大喝して大野と分かれた直後に、新政府軍の一斉射撃を受け腹部貫通銃創で落馬した。部下の相馬主計、島田魁が土方を近くの民家に収容したが黄昏迫るころ出血多量で35歳の生涯を閉じた。
大野千代ケ岱陣屋で、このことを知る。

別の記録によれば相馬主計はこの後、弁天岬台場に赴いていて、新政府軍に降伏した92人の隊士に名が残されている。

土方の死と前後して新政府軍は一本木関門周辺を征圧する。旧幕軍の本拠五稜郭と前線の弁天岬台場は分断され弾薬も兵糧も底をついた新撰組など台場守備隊は15日政府軍に降伏する。翌16日守将中島介三郎50歳率いる千代ケ岱陣屋も政府軍に敗れる。中島介三郎はペルー来航のとき浦賀奉行副奉行として応接にあたっており、長崎海軍伝習所一期生として海軍術を学んでいた。千代ケ丘陣屋では長男恒太郎23歳、次男英次郎20歳とともに戦死した。昭和6年、函館市民が中島父子の勇戦をしのび、ゆかりの地に中島町と命名している。

5月16日五稜郭の榎本総裁、松平副総裁のもとに新政府軍の最後通告がなされている。中島父子は五稜郭開城に反対して戦ったが、総裁榎本武揚、松平太郎副総裁、陸軍奉行大鳥圭介は、この通告を容れ翌17日指定された亀田三軒家の農家中村家に赴き新政府軍の総参謀黒田清隆に降伏を申し出た。

こののち、榎本らは中村家から西南80メートルにある亀田八幡宮に詣で、戦い利なく降伏の旨を神前に誓約したと伝えられている。

翌5月18日、五稜郭1000人余投降し、開城した。榎本艦隊が品川沖を脱出して9ヶ月、ここに箱館戦争は終わった。

鳥羽伏見の役に始まって 1年4ヶ月、ここに戊辰の役の終焉をみた。