ブリヂストン美術館散歩

                Entrace 壁面のギリシャ彫刻
               開設は1952年、私が最初訪れたのは近年の企画展、特別展が多くなる前の常設展のときだった。
1962年ごろ、2階展示室に上る階段の壁面を飾って
いた
entrance 壁面の彫刻
2階ホールから展示室ロビーは長方形に奥行きが深く、右にに第1、第2、左に第3,4,5陳列室が配されていた。 ロビー奥は彫刻ギャラリーとなっていて、ブルデルの「弓をひくヘラクレス」、ロダンの「考える人」ザッキンの「三美神」などの作品群が印象深い。エジプトやギリシャで出土された紀元前の彫刻,日本絵画は岸田劉生の「麗子像」、藤島武二、坂本繁二郎の「放牧三馬」、青木繁の「海の幸」などの惹きつけられられる多くのコレクションがあった。西欧の絵画での中では、ルノアールの「少女」、ローランサン「二人の少女」などの官能的魅惑的な華麗さに惹きつけられた。 ルオーの「ピエロ」には、魂を揺さぶられような鮮烈な印象をうけた。 その後折りにふれ何度もこのルオーの絵の前に立った。わずか20cm足らずの目の前で、ルオーが絵筆をとり、この鮮烈な線を、激しい色彩でカンバスに向かっていたと思うと、不思議な感動にとらわれた。


ブリヂストン美術館開館50周年記念特集展示
コレクター石橋正二郎 ─ 青木繁、坂本繁二郎から西洋美術へ

2002年1月8日〜3月21日

この特集展示の開催中の2002年2月5日付朝日新聞「美の現在」に、美術史家・美術評論家 高階秀爾氏の次のコラムが掲載されていた。
 野上弥生子の自伝的小説「真知子」のなかに、主人公の真知子が友人といっしょに「M-という富豪」が収集した西洋絵画の展覧会を上野の美術館に見に出かける場面がある。 そこで、それまで「写真版で想像したり、名前を聞いたりしていた画家たちの原作」が並んでいるのを前にして、真知子は心のふるえるような感激を味わう。 セガンティーニの作品の見事な出来栄えに驚嘆しながら、彼女が感じていたのは、「今こそ真実のセガンチニを見るという悦び」であった。
それは、本物のみの持つ力と言ってよい。優れた芸術作品に接する時に覚える感動のいわば原点がそこにある。そのことは複製技術や情報手段が高度に発達した現代においても変わらない。美術館や展覧会の持つ社会的意味はまさにその点にあると言えるだろう。(ここまで、原文のまま)

 真知子が訪れたのは、1928年(昭和3年)3月,上野・東京府美術館での「松方氏蒐集欧州美術展覧会」である。松方コレクションが第2次大戦後パリに残された分がフランス政府より寄贈返還されて、国立西洋美術館の誕生となった。松方幸次郎と並んで、西洋美術の蒐集に情熱を燃やしたのが倉敷の大原孫三郎であり、今日の大原美術館である。この2人の優れたコレクターに続くのが戦後いち早くブリヂストン美術館を設立した石橋正二郎であろう。(中略)
・・・青木繁の「海の幸」をはじめ、坂本繁二郎、藤島武二など、近代日本美術の名品によっても知られているが、西洋近代美術についても、戦後の混乱の収まりきらない時期に、人々に新しい美術の世界を見せてくれた功績は大きい。・・・ピカソやマチスやルオーの本物に触れて、大きな感動を覚えた記憶がある。・・(後略)
高階氏は開催中のこの展示について、上掲のように書いている。に

 私はブリジストン美術館開設間もないころに最初訪れて以来、青木繁、坂本繁二郎、ルオー等の作品に親しんできた。『真知子』には特別の感慨があり、高階氏の記事に感銘も新たにして、この特別展を訪れた。
この特別展示のカタログに掲載されている昭和27年(1952)の開館式における石橋正二郎氏の挨拶、展示の資料、その他の諸文献などから、ここに石橋正二郎、青木繁、坂本繁二郎の間柄、その作品のエピソードの幾つかを時系列に記録する。

石橋正二郎氏が小学2,3年(明治34年:1901)ころ久留米市で当時、久留米高等小学校代用教員として図工を教えていた坂本繁二郎の教えを3年ほど受けた。このことが後年青木繁の絵の収集にいたり、石橋コレクション、ブリヂストン美術館開館となってゆく。

坂本繁二郎が久留米高等小学4年生のとき、絵の師である森三美は画塾を続けながら、同校の図画の教師になっていた。坂本と小学校の同級生だった青木繁も、丸野豊らと森の画塾に入門している。坂本はこの時期「ライオン」という絵が校長により高等小学校の講堂に掲げられ、後に篠山神社に奉納され、神童、天才と誉めそやされる挿話があるそうだ。
 坂本と青木は旧久留米藩士族であった。 久留米高等小学校を卒業して青木は久留米中学明善校に入学、坂本は経済的な理由で進学をあきらめ14歳から18歳まで浪人暮らしをする。青木は明治32年(1899)数学の教師と衝突、「絵を勉強する」と言い残して東京に行く。坂本は自著「私の履歴書」に「それまでさほど意識していなかった青木繁の存在でしたが、上京する彼を見送ってからは、心のすみに、藤村の若葉集一冊だけを手にして去っていった彼の姿が強く印象に残り、私自身の"上京の夢"のイメージと絶えず二重写しとなって脳裏に浮かびました。」と書いている。

青木繁と坂本繁二郎の宿命のライバルといわれるのは、この時期からであろうか。二人は竹馬の友であり激烈な競争相手でもあったようだ。

そしてこのあと坂本は、絵の師、森三美が東築中学に栄転し、恩師の尽力で後任として久留米高等小学校に採用された。
坂本はこのとき19歳。その後画塾不同舎から東京美術学校に学んでいた青木繁が、徴兵検査のため帰郷し再会する。「その時に見せてもらった絵のフレッシュさ、正直なところさほどうまいと思っていなかった青木の上達ぶりに驚き、そしてこのままでは井の中の蛙に終わってしまう、古い名画だけを洋画の世界と信じ込んでいた自分はやがて取り残されてしまうと、このときほど私の人生で焦りを感じたことはなかったと思います」と坂本は「私の履歴書」で述べている。2人とも徴兵検査に落ち、このことがきっかけで、2年間の教師をやめ明治35年(1902)8月、青木と上京する。青木の紹介で小山正太郎の画塾不同舎に入門する。
上京した年(1902)の11月、坂本繁二郎は青木繁と丸野豊の三人で妙義山から小諸への写生旅行をしている。
このとき、島崎藤村にあったそうだ。この年の青木の作品に、「落葉径」、「登山戯画」がある。
この旅行の青春を飾るエピソーのほか、坂本繁二郎、青木繁にとって重要な友人、梅野満雄のこと、坂本の母のことなど書きとどめたいが、次に進もう。

この時期の青木繁は明治33年(1900)に東京美術学校に入学、黒田清輝らに学び、3年後の明治36年(1903)には早くも白馬会に入賞し、頭角をあらわしていた。
妙義山から小諸への写生旅行の2年後、明治37年(1904)7月、坂本繁二郎は美術学校の後輩の森田恒友、画塾仲間の学生福田たね、この月東京美術学校を卒業の青木繁の四人で房州布良へ写生旅行した。ここで生まれたのが青木繁「海の幸」である。また1904年には
「天平時代」、「黄泉比良坂」、「女の顔」を制作している。

以下、日経新聞「美の美:青木繁」竹田博志氏の記事の一部を引用しながら 。
坂本繁二郎はその著書のなかで綴っている。「海の幸」は坂本が昼間の写生の折、浜で見たサメ漁の目撃談から生まれた。「夜、青木にその光景を伝えますと、青木の目は異様に輝き翌朝からは大騒ぎのうちに制作が始まりました」「こちらの迷惑などはお構いなしで、モデルの世話だ、画材の買い入れだと追い回されました.青木独自の集中力、華やかな虚構の才には改めて驚かされましたが・・・」
「海の幸」は第九回白馬会展」に出品、大評判を呼んだ。
この絵に衝撃を受けた詩人蒲原有明は「あの赤褐色な逞しい人間の素肌のにほひが、自然に対する苦闘と凱旋の悦楽とを暗示している」、と賛美した。

この写生旅行は一月半ほどの滞在であったが、ここで青木繁と福田たねとの間に愛が芽生え、たねは青木の子を身ごもる。青木は明治38年(1905)8月、臨月のたねを連れて茨城県下館市に移転し、男子を出生する。この時代に「大穴牟知命」を制作している。「海の幸」の絵の右から4人目の白い顔、なにかを訴えかけるよう眼差しに誰もが引き込まれる。この顔、眼差しについて竹田氏は次のように続けている。

青木は絵を仕上げた2年後に少年の顔にわざわざ手を入れ、女性の顔に描き変えた。房州の写生旅行に同道した画学生、福田たねの顔である。1904年制作の「女の顔」の白い顔と雰囲気がそっくりだ。永遠のマドンナであるはずの人の眼差しはしかし、どこかもの悲しい・・・。天才とうたわれながら貧困と病苦にさいなまされ死を迎えるまで刃物の上を歩くような危うい生活を強いられ、たねには執拗に結婚を迫られ、のっぴきならない境遇にあった青木の心が、これらの絵の眼差しにうつしだしたのではないか。
貧困にさいなまされ、たねに結婚を迫られたこの時期のことを坂本繁二郎は、「ここに至って君の感情は緊張の極に達し、日夜啼泣し、時には夜半に泣き声をあげて怒号することもあり、遂には刃物まで振るうに至っ.た」と追想した。

青木は明治38年(1905)11月末、父が病気のため久留米に戻り、翌明治39年(1906)夏まで滞在する。同年冬から福田たねの実家栃木県水橋村(現芳賀町)に滞在。明治39年 (1906)12月「日本武尊」を制作している。茨城県下館市のHPによれば青木は日本武尊を祀る加波山に登り制作した、また下館市の羽黒神社境内に「青木繁の碑」がとあると記載している。
明治40年( 1907)1月から「わだつみのいろこの宮」の制作に没頭、同年3月東京府勧業博覧会に出品する。3等末席で酷評された。その8月、父危篤のため久留米に戻りそのまま東京を離れることとなった。明治41年(1908)「秋声」出品し落選となる。明治43年(1910)10月喀血し11月福岡医科大学で診察を受けた後、松浦病院に入院、1910年「朝日」発表?制作?、明治44年(1911)3月25日同病院にて死去。晩年は不運、失意のなかあってのわずか28歳の短い生涯であった。

1993年2月13日日経新聞美の回廊欄での記事の中で
坂本は「私の履歴書」のなかで、「海の幸」の制作で青木との絵に関する相違を、次のとおり述べている。
「あの『海の幸』は絵としてはいかに興味をそそるものとしても、真実ではありません。大漁陸揚げの光景は、青木君はまったく見ていないはずです。現実に情景がまるで異なり、人も浜も海も実感とは違っています。彼は私の話を聞き、空想で描いたのです。(略)どこまでも写実、あくまでも写実を突きつめいくうちに内的に純化され、心に投影されされる真実を描くのが、絵ではないか----と思い、信じ始めていた私にとって、青木のやり方は真剣に考えなければならない相反する創作態度だったのです。」

このことをさすのであろう、松本清張は『青木繁と坂本繁二郎」という作品で「死人に口なしで坂本は自分に都合のいいことが言えるわけである。この談話は、坂本が『海の幸』の声価にケチをつけたととられても仕方なかろう」、「青木よりずっと長生きした坂本の青木に対する一種の嫉妬、敵愾心がのぞいている」とまで書いたそうだ。

坂本をよく知る同郷の美術評論家、河北倫明氏は「清張レベルの解釈だが、坂本さんはその枠に入りきらない。清張は昔の侍の精神を知らない」と反論する。また、仏文学者の粟津則雄氏も「スリラーを書く人にしては、どうして勝手にディテールを動かすのか。最初から先入観があって、事実はいっぱいあるのに、都合のいいものだけもってきて作っていいる」という。

坂本と青木の同郷の友人、パトロン的存在であったという梅野満雄氏は(坂本君を語る)でこう書いている。「郷里でまったく眼中になかった青木の下風にたたねばならなかった彼の負けじ魂は、口に行為に現さなかっただけに深刻で、、青木の鋭い鷹の目が、坂本の心のそこにそこに焦げ着いて今に離れぬ。それだけに、今に見ろ、二十、三十、四十、五十年先を見ろと、歯を食いしばった彼の姿が私にはありありと残る。青木が俺は画界のナポレオン等と嘯いていた傍若無人の態度、行実等もよく知っている」


この「美の回廊」取材執筆にあたられた小島英煕氏の記事に、美術評論家、河北倫明氏の坂本と青木についての談話記事がある。
坂本さんの絵は非常にいいなあという絵ではあるけれども、歓喜する絵ではない。一生懸命やっているという感じの絵だ。今の人はとかく売れる絵とか喜ばれる絵とか、そういうことばっかりだけど、坂本さんは人生問題として考えていたんでしょうね。この絵をわかろうとすると面倒になる。仕事をみると、握り飯を固く握りすぎて食べ心地が悪くなったような気がするね。それだ子細に考え、追求するという点では恐るべき人です。
青木繁にとって坂本さんは怖いようなところがあったかもしれません。いつか自分を抜いていくかもしれないという予感を持っていたと思います。坂本さんの絵は好きな人はいるけど、尊敬する人はいるけど、青木のように多くの人を魅了することはない。青木にはでたらめがあるからです。地声がよくてどんどん歌ったのが青木で、地声はたいしたことはないけど、狙いを定めて一念凝ってやった達人が坂本さん、達人は大勢の人にとっちゃ苦手ですよ。

ここまでのことでは、私にとっは衝撃的なことことであった。天才といわれ、文学的ロマンティシズムの作品群を貧困と病の短い生涯の間に残した悲劇的な青木繁の対極にある坂本。そして、松本清張氏が坂本を酷評し河北倫明氏等が反論したこと、後に触れる後年の坂本が石橋コレクションにかかわりる経緯のことを畏敬の念で思うと、深く心を揺り動かすというか、書きとどめ刻んでおかねば、という気持ちにさせた。

坂本は大正2年(1913)には二科会創立会員になり、1921年から3年間フランスに留学、この間「帽子をもてる女」をサロン・ドートンヌに出品した。帰国すると久留米に戻って石橋の住居の近隣に落ちつき、そのころから坂本と、石橋の本格的な交遊が始まっていたのである。
石橋正二郎氏の回想によるとこの久留米での1930'昭和 5)年のある日、坂本繁二郎から若くして夭折した青木繁の絵が散逸するのが惜しい、収集するようにと勧められた。

このとき坂本は「日本の画家として、また自分の大先輩として、また日本の大先輩として青木繁君は、非常な郷土の誇りである。どうしてもこの青木繁のことは、世の中から、後世に消えるようなことがあっては残念だ。何とか遺作品が久留米地方にも散らばっているのを、何とか集める工夫をしたいから」と石橋氏に勧め、これが 石橋正二郎氏のコレクションのきっかけとなり,最初、久留米時代に青木繁の絵を集めた。そして、氏は東京に居を移し機会あるごとに買取り、9年後には「海の幸」、「わだつみのいろこの宮」の代表作2点を手に入れた。また、坂本から「なにか久留米でもいい、東京でもいい、小さい青木の美術館を建ててもらって、後世に残すということが、非常に郷土の誇りでもあり、日本の誇りでもある」と希望されたことが美術館を創ることになるきつかけであった。[1952(昭和26)年1月8日ブリヂストン美術館開館式での石橋正二郎氏の挨拶の中から一部引用]


ブリヂストン美術館開館から50年周年、常設展示は、印象派とその周辺・印象派以後・近代のヨーロッパ彫刻・古代の美術・日本の洋画で構成されるほか企画展、土曜講座、日曜レクチャーなどで多くの人に親しまれている。
今私たちは氏の意図したように、若い研究者・画家の絵の勉強や、一般の人が頭を休めるとか、なぐさめるとか、都心にあってちょいちょい入って・・・・との恩恵にあずかることができた。美術の悦びを多くの人とともに共有することに心を砕いてこられた氏は、この間石橋美術館を中心とした石橋文化センターを建設して1962年久留米市に寄付、1962年には東京国立近代美術館を建設、国に寄付と続けられた。


青木繁 私の好きな作品 へ

TOP へ