1987年と2009年のゴーギャン展 回顧
'87年の展覧会では二つの作品が特に印象深かった。
 

09年の本展は、ゴーギャンの精神的な遺言として制作するまでの生涯の画業を、テーマ、年代順に構成している。
ゴーギャン芸術の真髄を独白の音声ガイドにしていたのが良かった。

「第1部 野生の解放」から

1987年のゴーギャン展

2009年のゴーギャン展

《アリスカンの並木道 アルル》 1888年10月末 72.5X91.5                                                    損保ジャパン東郷青児美術館蔵
ゴッホと同居・滞在した南フランス・アルルで描かれた。
私が、87年のゴーギャン展で強い印象を受けて、探しもとめていたものは、この作品である。
この88年の滞在のあと、翌1889年には北フランス・ブルターニュに滞在して、印象派への訣別といわれた独自のスタイルの絵画を描いている。

1枚は肖像画、自画像。
なぜか不思議なものを感じさせる、暗い印象の絵であった。
不思議さのイメージに惹きこまれ、正面の遠くから、そしてカンヴァス間近へ、さらに見る角度を上下左右画面の奥まで透かし見るようにしていたら、それを発見した。
完成画の下に別の肖像が描かれていた。

その絵の題名を記憶していなかった。

この後、09年のゴーギャン展に至る間、その絵を探した。
ゴーギャンの描いた肖像画、自画像の何点かを注視いてみたが、依然としてどれであったか特定できないままだ。
黒く厚く塗った絵の具がテカテカに光る質感が印象深く、下の
絵のどれでもないようだ。
 
パレットを持つ自画像
そして、もう1枚の絵は風景画。
その絵の前で5分から10分ぐらい釘付けになっていた。
夏であろう強い陽光が、まわりの樹木でさえぎられる空間と、家の日陰との色彩と光と影のコントラストが強い。そしてこの木蔭から涼風が感じ取られるのであった。
風がそよぐのだ。
絵の中に風を観たのだ。

風を観る”絵の探求
 ゴーギャンは「ブルターニュ風景」を1888年制作している。
フランス西部で大西洋ビスケー湾に突き出た半島のどこかの農村だろう。描かれている人物,家畜、風景、なによりも陽光のイメージがちがう。この絵ではない。
1887年に「マルティニク風景」を制作している。
カリブ海に浮かぶ小さな島の幻惑的な色彩が色濃い絵であるが
3人の人物、木立が前面にあり、この絵ともちがう。

 年表によると、当時の生活の苦境を脱すべく友人ラヴァルと1887年4月にパナマ,6月にマルティニク島に移る。ここで新しい作風を生み出す自然に出合い、創作の道程に大きな転機となる。が、ゴーギャンは熱病に冒され数ヶ月で引き上げた。ゴッホは一連のマルティニクでのゴーギャンの作品に接して、ゴーギャンへの尊敬を深めたという。
そして、探していたのはこれだったのではないかと思われるのが、1888年アルルで制作の《アリスカンの並木路、アルル》(損保ジャパン東郷児美術館所蔵)だ。
 1888年にはゴッホと南フランス地中海近くアルルで共同生活をするが、この時期の作品だ。

「第2部 タチヒへ」

タチヒの風土とタチヒ人の肉体を通して、人間存在についての哲学的思索、キリスト教的モチーフをを描いたと解説されていた。
上掲の《パレットを持つ自画像》は1894年ころの制作で、この第2部に展示されていた。
1894年は第2次タチヒ行までパリ、ブルターニュで制作している時期にあたる。
自身がゴッホについて”私はプリミティブ(原始的)のものに関心がある“と語った言葉は、タチヒでの作品、ゴーギャンの芸術を生み出した精神の根源なのではなかろうかと、私は思うのだ。

第3部 漂泊のさだめ」から
《我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか》    1807〜98年
ゴーギャンの芸術の集大成、精神的な遺言などといわれ、深い思索を誘う著名な作品だ。
人間存在の永遠に解けぬこの問いかけに、絵の右から左への寓意的な群像で表現したのだろうか?
私たちは、ゴーギャンのいろいろな書簡や伝えられている言葉、美術館の説明、本展での音声ガイドなどで迫った。