ルーラン夫人の肖像画 6枚

rulan2.jpg 子守の揺り篭の紐を持つ手が右手が上で組んでいるのはこの1枚である。

《揺藍の女》1889年制作
これはみすず書房刊『現代美術 6 ゴッホ』所載のものと同じである。
,所蔵はどこか私にはわからない。
rulan1.jpg 以下4枚は紐を持つ手が左手である。

《子守女(ルーラン夫人の肖像)》1889年制作
クレラ=ミュラー美術館所蔵
rulan3.jpg 《ルーラン夫人(揺り篭を揺する女)》1889年制作
シカゴ美術館所蔵

2003年9月損保ジャパン東郷児美術館で『ゴッホと花ー’ひまわり’をめぐってー』という展覧会が開かれ、ゴッホが夢見た『三幅對』として日本で初公開された。
ゴッホのスケッチの中心に描かれたルーラン夫人はこの絵で、左右に《ひまわり》が展示された。
下2枚は所蔵など不明。

これらの絵のことでデオへの手紙で”それは病気になる前にやりかけていた仕事”と、この肖像画の事を書いている。また、”ぼくはゴーガンにこの絵の主題を語ったことがある・・・・”文面は"悲しみ、憂鬱な孤独"といった言葉がつづられている。

rulan4.jpg rulan5.jpg
これは私の想像であり、私が知らないだけかもしれない。アルルの時代の作品であるから、ルーラン夫人の肖像ではないか。

なぜそう思うのか。
ゴッホとゴーギャンはアルルで同じ被写体の絵をえがいているといわれている。
そのゴーギャンの《ルーラン夫人》があり、似ているからである。


《ひまわり》 7枚
これ以外にも1887年制作のもの1枚を観たが,ほかにもあるかもしれない。

f_04530100.jpg @
f_04540101.jpg A

下段のDとは明るさ、色彩の違いのほかは,判別がつかない。
印刷、画像の再現が同じレベルでの比較ではないので断定しかねる。
f_04550102.jpg B
f_04560103.jpg C
f_04570104.jpg
D
1888年制作
損保ジャパン東郷児美術館所蔵

2003年9月損保ジャパン東郷児美術館で『ゴッホと花ー’ひまわり’をめぐってー』という展覧会が開かれ、ゴッホが夢見た『三幅對』として日本で初公開された。
ゴッホのスケッチの中心《ルーラン夫人(揺り篭を揺する女)》の左に、この《ひまわり》が展示された。

f_04580105..jpg
E
1889年制作
ファン・ゴッホ美術館所蔵

2003年9月損保ジャパン東郷児美術館で『ゴッホと花ー’ひまわり’をめぐってー』という展覧会が開かれ、ゴッホが夢見た『三幅對』として日本で初公開された。
ゴッホのスケッチの中心《ルーラン夫人(揺り篭を揺する女)》の右に、この《ひまわり》が展示された。

f_04590106.jpg F

ゴッホの《ひまわり》とルーラン夫人の肖像画

ゴッホの《ひまわり》は敬愛するゴーギャンのために描かれた。

弟テオへの手紙で《ルーラン夫人(揺篭をゆする女)》を中央に,左右に《ひまわり》を並べるという計画を書いた。

これが『三幅對』といわれるものだ。

2003年9月、損保ジャパン東郷児美術館で『ゴッホと花ー’ひまわり’をめぐってー』という展覧会が開かれ、ゴッホが夢見た『三幅對』として日本で初公開された。
損保ジャパン東郷児美術館所蔵の《ひまわり》
シカゴ美術館所蔵の《ルーラン夫人(揺篭をゆする女)》
ファン・ゴッホ美術館所蔵の《ひまわり》
の3点が並べて展示された。
私はこのときの損保ジャパン東郷児美術館のHPをプリントしていて、この展覧会を見たことを今、思い出した。
このときの損保ジャパン東郷児美術館ニュースに、この3点の絵が掲載されている。
こちらです



ゴッホの《ルーラン夫人の肖像画》と《ひまわり》の画像

ホームページ”ゴッホの生涯” 〔アドレスは下記)に掲載されていた画像を管理人様の特別のおはからいによって、転載することとなった。

ここの画像をダウンロードし他に、転載,掲載、改変することを固くお断りいたします

作品名、制作年、所蔵などは私が調べたものである。

・・・(アートギャラリーインデックス)
《ゴッホの生涯》のサイトへ。1020枚のゴッホの年代別作品のスライドショウがお勧め

Van Gogh Museum 公式サイトへ(英語・蘭語)

My Web Site 『ゴーギャン展とゴッホ展』