1987年のゴーギャン展、2005年のゴッホ展をみて、ブログで何ページかにわたって連載したが、今回そのブログの記事を校正、改訂してホームページにまとめた。

2004/12/31Blog
風を観る、風を聴く。 ゴーギャン展から。

ゴーギャンの2枚の絵
1987年5月、東京国立近代美術館でゴーギャン展を見たとき、2つの作品が印象深かった。


一枚は肖像画。

なぜか不思議なものを感じさせる暗い印象の絵であった。その不思議な印象に引き込まれ、正面、遠くから、そして静かにカンヴァス間近へ、更に見る角度、上下左右と画面の奥までのぞくように見てゆくと、それを発見した。
完成画の下に、別の絵が描かれていたのだ。題名は忘れた。その後、いろいろな画集で探したが、いまだにわからない。

二枚目は風景画

作品名を忘れて画集などで永い間探した。
 私が画集やゴーギャン展でタヒチ時代のものを強く印象付けられてきたが、この会場でのこの絵の前で5分から10分ぐらい釘付けになっていた。
夏であろう強い陽光が、まわりの樹木でさえぎられる空間と、家の日陰との色彩と光と影のコントラストが強い。そしてこの木蔭から涼風が感じ取られるのであった。風がそよぐのだ。

それからもう20年にもなろうか、俳優で水彩画でも高名な榎木孝明氏がNHKの番組でのお話に深い感銘を受けた。それは次の2点だ。
1.絵を描いた人は"感動"を絵に表している。観るものもその"感動"を感じる。
2.自分は(榎木氏)絵を描くときは色を塗り仕上げるまで現場で描く。
それはその場所で風を感じ、その風を絵に閉じ込める。みる人もその風を感じる。
このような主旨だった。
ゴーギャンの絵で風を観たのはこれだ!!

そして、このゴーギャンの絵を画集やWebで探した。
ゴーギャンは「ブルターニュ風景」を1888年制作している。フランス西部で大西洋ビスケー湾に突き出た半島のどこかの農村だろう。描かれている人物,家畜、風景、なによりも陽光のイメージがちがう。この絵ではない。
1887年に「マルティニク風景」を制作している。カリブ海に浮かぶ小さな島の幻惑的な色彩が色濃い絵であるが
3人の人物、木立が前面にあり、この絵ともちがう。

年表によると、当時の生活の苦境を脱すべく友人ラヴァルと1887年4月にパナマ,6月にマルティニク島に移る。ここで新しい作風を生み出す自然に出合い、創作の道程に大きな転機となる。が、ゴーギャンは熱病に冒され数ヶ月で引き上げた。ゴッホは一連のマルティニクでのゴーギャンの作品に接して、ゴーギャンへの尊敬を深めたという。
そして、探していたのはこれだったのではないかと思われるのが、1888年アルルで制作の《アリスカンの並木路、アルル》(損保ジャパン東郷児美術館所蔵)だ。

1888年にはゴッホと南フランス地中海近くアルルで共同生活をするが、この時期の作品だ。

後記のゴッホ展で《アリスカンの並木路、アルル》の展示がされていたのを知ったが、展示期間がおわっていて、このときは観ていなく、だいぶあとになって気がついた。

ゴーギャンの画集を見て,あらためてゴーギャンもまた壮絶,激動の生涯だったことに思いを深くする。

アルルでのゴーギャントとゴッホ、そして《ひまわり》と《ルーラン夫人》
二人が知り合ったのは1886年パリでである。

ゴッホは南仏アルルに芸術家コロニーを計画し,『黄色い家』を借りて拠点とする。参加したのはゴーギャンただ一人であった。

俗にいえば、ゴッホはゴーガンを好きであったが,ゴーガンはゴッホを好きでなかった。
ゴーガンはいう。”ゴッホがドーミエ,ドービニなど私が我慢できない絵描きを賞賛し,私(ゴーガン)が好きなアングル,ラファエル,ドガのことをゴッホはけなす、彼はローマン派だが,私はプリミティブ(原始的)のものに関心がある。“

アルルでの決裂のころの話であろうが、両極のような対立のように窺える。が、ゴーガンはゴッホが自分に好意と尊敬を持っていたことを感じていたのだろう。

芸術論の違いからゴッホは緊張が高まり発作を起こしてゴーギャンを打ち,自分の耳を切落とす事件を起こし、二人の間は破局する。

ゴッホの《ゴーギャンの椅子》とゴーギャンの《ひまわり》
アルルでゴーガンのために用意した椅子がある。,ゴッホは1888年《ゴーガンの椅子》(油彩)を制作した。テオへの手紙に「僕らが別れる数日前、ぼくは病気のためふたたび病院に入らねばならぬことになったとき,ぼくはゴーギャンの《いなくなった場所》を描いてみた。・・・・坐る人のいなくなった場所には、火のついた燭台と、ニ,三冊の現代小説がおいてある、かれのことを思い出すたびに・・・・この習作をちょっと取り出してみたいと思う」と書いている。

ゴッホの花とも言うべきひまわりを、ゴーギャンは《ひまわり》と題した作品を描いている。(チューリッヒ;個人所蔵)ゴッホの没後10年ころだ。

ゴッホがゴーガンのために用意した肘掛椅子にひまわりを置いて描いた絵であるが、ゴーガンはどのような思いでそれを描いたのであろうか。

アルルでのゴッホとゴーギャンは、同じ被写体を習作した作品の幾つかがある。

そのひとつ,ゴーギャンの《ルーラン夫人》は,あとで触れるゴッホのルーラン夫人の6枚の肖像画と同じモデルである。


今こうしてそれを思うと感銘深く、後世のわれわれがこの2人の全作品を目にして、その偉大さにその壮絶な格闘ともいうべき生涯,軌跡、わけてもアルルでの二人の破滅的決別の歴史を思い起こす。
私はゴーギャンもゴッホも好きだ。こうした鑑賞と、思い巡らすことは、何とも言いようのないの時間だ。

参考資料 みすず書房 「現代美術 14 ゴーガン」
       テレビ朝日「ヴィインセント・フアン・ゴッホの生涯」




2005/05/24
Blog

孤高の画家の原風景 ゴッホ展。 2005年5月東京展で。

ゴッホ美術館/クレラー=ミュラー美術館所蔵作品をゴッホ生涯5つの時代に、そしてさらに[印象派][浮世絵][模写][最後の風景]のテーマ別に展示されていた。
さる「ゴッホ」のサイト(アドレスは下記)の掲示板に,今年NHKが放映したゴッホ関係の番組が13本であり、その番組名を書いた人がいた。
私も映画「炎の人ゴッホ」、NHKの番組の幾つか、民放番組「ヴィンセント・フアン・ゴッホの生涯」を見て録画したり,画集の作品、作家論,評論を読むなどして、ゴーギャンとともに、「日本人が最も愛する画家」といわれる日本人の中の一人だ。
日本でのゴッホ展は1958年にも開かれている。日本に紹介された歴史は古いし、今年のゴッホ展への話題、関心はメディアに多く取り上げられとこともあって、東京、大阪、名古屋などどの会場も相当混雑したと伝えられた。
作品の鑑賞はゴッホに向き合う、壮絶なまでの内面の闘いのようなものであった。
いや、自分の感傷的な視点を自分の先入観的心象で、つい,胸を熱くさせた、というのが幾点かある。
 

2005/05/20Blog
《糸杉と星の見える道》と、ドビュッシー「月の光」

  BGM 「月の光」   ON,OFFはコントローラーで   
ゴッホの悲劇的な死の年1890年、最後の年の作品である《糸杉と星の見える道》について、弟テオに書いた手紙に”糸杉はいつもぼくのこころをとらえる・・・ といった会場の音声ガイドが語りかけ、そのバックにドビュッシー「月の光」が流れた。印象派の音楽、絵画の潮流の同時代にあって、ゴッホはドビュッシーの影響も受けたというところから、選曲されたのだろうか。作曲年も1890年だ。
静かな月の光に輝く夜の、甘い香りが漂うような美しい曲だ。
ゴッホはこの作品について、テオとゴーギャンへも手紙を書いている。

テオへは“・・僕はあのひまわりを描き上げたとき、それに対立し、しかも等価のものを求め,それが糸杉だといった”

ゴーギャンへは“ぼくはまた,糸杉と星を描いている,最後の試みだ。・・・道には白い馬に引かれる黄色の馬車と、のろのろ歩く二人の散歩者がいる。いわばとてもロマンチックだが,これもプロバンスの風景だと僕は思っている”

この絵を描いたゴッホのことを思うと,「月の光」はなぜかせつない。

《子守女(ルーラン婦人の肖像)》
アルルーユートピアの時代の作品から。

1889年制作である。耳切事件はこの作品の制作後のことである。
 耳切事件で入院したとき見舞いに駆けつけたといわれるルーラン夫人はゴッホがアルルで5月『黄色の家』に移ったのち、8月に郵便夫ルーランの一家と知り合ったその夫人である。この時期夫人の肖像画やひまわりを描いている。

 テオへの手紙によると”それは病気になる前にやりかけていた仕事”と、この肖像画の事を書いている。また、”ぼくはゴーギャンにこの絵の主題を語ったことがある・・・・”、文面は;悲しみ、憂鬱な孤独;といった言葉が綴られている。

《サン=レミの療養院の庭》
サン=レミ、オーヴェール=シュル=オワーズ;[最後の風景]から。
1989年5月アルルに近いサン=レミの療養院に自ら入院したゴッホ。
《サン=レミの療養院の庭》は入院中の制作になる。テオへの手紙に”・・・生活の実態を見て、ぼくは漠然とした恐怖、こうしたことへの恐怖を失いつつある、やがて次第に,狂気も他の病気と同様に考えるようになれるだろう・・・”と書いている。
比較的自由な制作を続けられた時期の作品だ。
このころのあと,発作に襲われた。やがて回復し[模写]の制作の時期の後、1890年描かれた《糸杉と星の見える道》は「ひまわり」と「ルーラン夫人」生涯最後の年の作品だ。

挙げた3点の絵の前で、私は涙ぐんでしまう。

《馬鈴薯を食べる人々》《夜のカフェテラス》《種まく人》《黄色い家》《芸術家としての自画像》
などなどゴッホの精神活動,芸術活動を時代を追ってその生涯を語り掛けた展示に、知られざる面、原風景に迫ったものであった。

参考資料 みすず書房 「現代美術 6 ゴッホ」
       テレビ朝日「ヴィインセント・フアン・ゴッホの生涯」



《ゴッホの生涯》のサイトへ。1020枚のゴッホの年代別作品のスライドショウがお勧め
Van Gogh Museum 公式サイトへ(英語・蘭語)

ゴッホの『ひまわり』と『ルーラン夫人』アルル時代に描いた「ひまわり」7枚,「ルーラン夫人」の絵5枚を掲載したページへ


TOPへ