私の故郷・函館

 第一の章.旧友の絵との出会い


 私と妻との35年来の知人、Tさんが第一美術協会会員の関係で、上野の杜での展覧会に妻と毎年 鑑賞に行くのが恒例となっていた。

回るコースも決まっていて、その会場に行く途中、他の団体の美術展の彫刻の展示が上の階の回廊から見られるのもひそかな楽しみであった。

第一美術展では知人の絵を鑑賞し、他の多くの方の作品は素通りすりするような感じで、何年もそのようなことを続けてきた。

それが3年程前、知人の絵を拝見したあと、例年になく何故とはなしに展示作品を順路に従って多くの方の作品鑑賞の歩を進めていった。

そこで引き止められてしまう作品があった。私の故郷函館、私が生まれた家のあった辺り函館公園より市街地、遠く横津連山、遥かに駒ケ岳まで描かれていた。一度その絵を離れたが、引き込まれるようにまた戻って見入っていた。先に進んでいた妻が戻ってきて一緒にみていると、妻に「あら、この絵、三浦さんのじゃない?」といわれ、そこではじめて、作者と作品名をみた。

「函館山・鞍掛より 三浦敏勝」であった。偶然旧友の絵に出会って、驚いた。
 彼とは少年時代に親しかったが、社会人になって私が故郷を離れてからは賀状を交換するぐらいであった。彼が中学の校長を務めていたことは知っていたが美術教師だったこと絵を描き発表していることを全然知らなかった。何か、小説的で運命的なものを感じた。

 彼にそのことを手紙に書き、その作品の写真を欲しいといったところ、北海道新聞1997年(平成9年)7月25日号にその絵と彼の経歴が掲載されたもの送ってくれた。




函館山・鞍掛より 三浦敏勝  油彩画:1997年」

(この写真は新聞より転写したもので紙の皺を拾ってしまい、原作の品位を落としていることを、作者とご覧の方にお詫び申し上げます)

 この翌年の展覧会から、彼より招待状が贈られてまいり、喜んで鑑賞に伺い、その時の会場の写真を送るようになった。


彼への手紙には、さまざまな少年時代のことにまつわる想い出を述べた。
一分割愛しましたがその時の手紙を、掲載します。



友への手紙                          平成11617


三浦敏勝様
                                            中里三之 
ご無沙汰しております。  
5月末、貴兄の絵を都美術館に見に行きました。
 この美術展には知人が毎年出展している関係で、上野の杜の初夏のころ十数年ぐらい欠かさずに行っておりました。
 会場には沢山の画風のものが展示されていて、他の団体の美展の傾向とどのような違いがあるのかもまったくわからずにすごしておりました。

 この年、知人の絵を探して見終わるとると、妻と作品の印象を一言二言語った後、例年は他のたくさんの作品は素通りしていたのが、なぜかじっくりと会場のほかの作品を見て回りました。
そのとき、私の故郷函館を描いた作品にくぎ付けになり私の生まれたところから市街地、そして忘れもしない山並みにいたる俯瞰に心を奪われたものの、一度はそ場
を離れたが、再び戻って見入っていた。
先に歩を進めていた妻が私のそばに戻り、
「あら、この絵、三浦さんのじゃない?」といわれ、作者の名前を見て驚いた。

 これが君の「函館山・鞍掛より」との偶然の出会いでした。君の絵とは気づかずに最初見たときは、故郷の少年の日々を絵をなぞるように鮮烈な感動で見つめ、そして君の絵だったことの驚きに運命的な、神秘的なものに打たれたのでした。

 そのときの発見をお便りしたのでしたが、あの驚きの1年後の君の次の作品をこうしてみにいったのです。
 今度は、違った新鮮な感慨にとらわれました。

 少年のころ、君が啄木の歌について熱っぽく語ったシーンは忘れもしないし、その人の絵となると、思い入れがまったく違っています。



「 函館山展望台下」 三浦 敏勝  油彩画:1999年


 山肌、笹の葉,海の色は潮騒なのでしょうか特徴的な色彩で強調されているように感じられました。
 少年の秋の日、戦前の教育の一環だったのでしょう、港を眼下にする函館山の中腹の海軍軍人の墓か記念碑だったのか忘れましたが海洋少年団だったときのことか、これまた忘れましたが一団となって清掃にいったことがありました。清掃に汗ばんだ後、港からの風が松林を吹き抜ける、そんな情景がまざまざと蘇るのです。
君の絵の手前側が私が生まれた青柳町、函館公園の近くに小さな噴水のある池があり、当時は「あざらし」だけがいたようで、そのすぐ近くで生まれ育ったのです。

  "  函館の青柳町こそかなしけれ 友の恋歌 矢車の花 "

だったかな、こうして書いていても、胸が熱くなります。

昨年は,大河ドラマ「徳川慶喜」をみていて、幕末の歴史を手元の本で振り返ることが多かったのですが、君の一連の作品に導かれると戊辰の役当時の箱館戦争、五稜郭の攻防、榎本軍の鷲ノ木上陸など、駒ケ岳の北部にまで及ぶ歴史を俯瞰するかの如くであります。

小学生のころは亀田八幡宮のあたりに住んでいて、境内が遊び場でした。懐かしい思いが沢山あるのですが、何よりも、五稜郭の開城の前々日、榎本武揚が新政府軍の総参謀に降服を申し入れその誓約に詣でた、という史実を知らなかった(まったく忘れてしまっていたのか)、旧本殿の裏側の羽目板には、そのときの戦争の弾痕があるというではありませんか。

通った小学校は中島小学校、地名は五稜郭の開城に反対し政府軍との戦いにて戦死した千代ケ岱陣屋守将中島父子に由来したといわれていたそうですね。千代ケ岱はその小学校の隣、陸軍の練兵場だったような記憶があり、運動会はそこで開かれていました。

草っ原の緑の中心、ポールに紅白がまきついていて、万国旗が四方にはためいた。マーチが緊張と興奮させるのかわくわくドキドキしたのが今もって思い浮かびます。


貴兄の連作を拝見して貴兄もこよなく函館を愛している、そんな風にも思います。

後略

 このあとも、彼との交遊は続く。         2001年3月記   


三浦敏勝氏の他の作品はのページへ

 第2の章.故郷をバーチャル散歩する