函館山背後

この写真は函館山の南(写真手前)上空より撮影されたもの。函館山の東端(やや欠けている: 写真右手) から函館山東西の全体の三分の一ほどが写されている。撮影は写真集「鳥の目」などの写真家渡部まこと氏である。「街道をゆく」のカバー写真でこの写真家の事を知った。

函館山、函館市街の写真は数多いが、このような上空からの角度のものは珍しい。 私はこの街に生まれ育った。1929年から1949年頃の幼年、少年期のことである。 私はこの街の隅々まで、思い出が詰まっている この山の右端に啄木の墓があることで知られる立待岬があり、右端から左に尾根越しに見える市街地の手前の辺り、山の東麓に函館公園がある。私の生まれたところ青柳町は、この公園の近くである。その南西に函館八幡宮がある。いずれにしても、生まれたころからすれば様子が激変しているように見える。市街地右の海岸線は津軽海峡側、左の海岸は函館港、両岸がくびれた北側に戊辰の役末期の箱館戦争の舞台となった五稜郭、その手前左に亀田八幡宮がある。新撰組が守備する弁天岬台場の砲台陣地があったのは、この写真左画面方向で、写っていない。


亀田八幡宮
通学した小学校、遊び場所などが、この写真の空間にあったのだ。小学生のとき、この亀田八幡宮の近くに移り住んでいて、境内でよく遊んだ。箱館戦争のとき、榎本武揚が新政府軍総参謀に降服を申し入れたのは、五稜郭開城の前日、明治2年(1869)5月17日、亀田八幡宮の近くの農家中村家に赴いてのことだそうだ。そのあと、亀田八幡宮に降服の誓約 に詣でたという。旧本殿の裏側の羽目板には、そのときの戦争の弾痕があるそうだ。この境内の参道に大きな一位の樹があるそうだ。小学生になる前一時住んでいた本家の庭に、人の背丈の「オンコ」の樹があり、赤い実をとって食べた記憶があった。それが、50年ほど後、多摩森林科学園に桜の保存林250種が見られるというので見物に行ったときのこと 「一位の樹」があり、笏 (しゃく) に使われたからこの名がある、別名「オンコ」、「あららぎ」ともいうと解説があって驚いた。

千代ケ岱陣屋
また、通っていたのは中島小学校だった。地名中島町は、五稜郭開城に反対し新政府軍と戦った
千代ケ岱陣屋の守将中島三郎介(50歳)、その長男恒太郎(23歳)、次男英次郎(20歳)父子が5月16日この地に戦死、昭和6年 (1931) 函館市民が父子の勇戦をしのんで名づけたといわれている。 千代ケ岱陣屋のその後の変遷は私は知らないが、小学生当時から太平洋戦争の敗戦ころまでは陸軍練兵場だったと思われる。中島小学校の運動会は、すぐ近くのこの練兵場で行われていた。

碧血碑

少年のころ(1937、8年ころ)、自宅にあった「函館市誌」に記載されていた
「碧血碑」(へっけつひ)のことを読んだのが、戊辰戦争のことを知った記憶の最初である。 碧血碑は函館山東麓にある。 箱館戦争で死んだ旧幕府軍約800名の慰霊碑である.。時の侠客柳川熊吉翁が埋葬に当たったとされている。明治8年榎本武揚大鳥圭介らが供養のためにこの地に碧血碑を建立した。碑文も大鳥圭介が書いたと伝えられている。また、土方歳三も葬られているという。土方歳三の遺体が最期の地、一本木関から五稜郭に運ばれた、と伝えられているが土方歳三の墓も五稜郭にあったとの説がある。 その後明治十六年の函館新聞に 五稜郭でおびただしい遺骨が発見され、土方歳三の墓も移葬されたが場所は明記されていない記事があったそうだ。 何故だろう、真実は・・・?
碧血の意は「義に殉じて流した武人の血は三年たつと碧色(あおいろ)に変わる」という中国の故事からとったという。

女性が訪ねてみたい港町 日経アンケート ランキング1位・・・函館