お詫びと訂正  2007/11/26

下の2枚は出航式典ではなく、昭和23年帰国した入港式典でした。
祝 生産目標3万トン 突破
と帰国を祝う式典です。

後日、追加の写真とあわせ書き直しUPし直します。

ドキュメント・南氷洋上の捕鯨。
太平洋戦争敗戦後の欠乏した食料・油脂の生産の為、
1946年(昭和21年)、 祖国をはるかな南極海に挑んだ捕鯨船団の映像。
挑ん
出航式典 敗戦の翌昭和21年、三菱造船長崎で建造中の船舶を急遽設計変更し、

捕鯨母船として建造したと聞いている。

大洋漁業株式会社捕鯨母船第一日新丸。

この年12月、戦後第一次は長崎より出航す。

左の写真は、昭和22年11月、戦後第2次南氷洋捕鯨船団の横須賀

よりの出航式典の様子。
昭和22年11月、戦後第2次南氷洋捕鯨船団の横須賀

よりの第一日新丸デッキでの出航式典。
横須賀田浦港出航
キャッチャーボート1 キャチャー・ボートが長須鯨,白長須鯨,抹香鯨を捕鯨砲で捕獲して曳航し,

母船に引き渡す。舷側に鯨の腹部が見える。
この当時、外国船団を含めて船団単位が規定量までの

捕獲を競ったので、捕鯨オリンピックと言われた。その

花形がキャッチャー・ボートである。

敗戦したとはいえ、優れた造船技術の粋の船団、世界

に誇る捕鯨砲手を擁して操業する日本の船団は世界

一を誇った。
鯨曳航
鯨解剖 捕鯨母船の解剖甲板での鯨の解剖。肉は冷凍,塩蔵され,皮・骨は甲板下

の製造工場で製油される。余すところなく活用され,食料,油脂工業製品原

材料など,欠乏した戦後の資源生産におおいに寄与した。捕鯨期間は3ヶ月

ほど、24時間操業だ。
鯨解剖2
鯨肉を運ぶ船が見える 解剖作業。接近して見えるのは食肉運搬船天洋丸(と,記憶している)。上陸

用舟艇のようなボートで母船から肉を移送し,満載して,先に帰国する。それ

ほど食糧難だったのだ。
帰国。相模湾を北上し横須賀はすぐだ。富士山(写真で

は判然としないが実地では鮮明)を見出すと皆、無言

でじいっと眺めつづける。胸中は・・・・。

約5ヶ月の洋上生活だったのだ。
帰国富士山をはるかに望む



あとがき
このフィルムはポジフィルムで私が撮影したものだ。50年ほど眠ったままであった。ペーパーに残していなかったので、私自身も、しっかり見るのは50年ぶりだ。                                             2002年9月14日

更に、あとがき (2004/11/27)
このページをUPしたところ、意外な反響が多く寄せられ、驚いた。
現在、捕鯨を取り巻く国際的な状況が、この当時とは激変している。そして、鯨の食文化、日本古式捕鯨の歴史が連綿と続いていること、偽エコロジーや資源保護の論争が、Web上でも今なお続いていることに驚嘆する。
また、私がこのページに一行で書いた第一日新丸の建造のことが、その前後の歴史的秘話(食糧事情、捕鯨船団の出航前後の経過、占領軍政、国内船舶保有状況等々)克明に記載している方のWebを読んだ。
もし、興味のある方は下記の「天翔艦隊」リンクから、Topにある「文書資料室」→「戦標船南氷洋をゆく」をご覧下さい。
「天翔艦隊」