『夜明け前』から木曾紀行へ・・・1
青山半蔵、平成を覚ます 。 このワンフレーズが、観劇と旅行を思い立たせた。

平成9(1997)年12月、東京初台の新国立劇場が開場し、こけら落しは「夜明け前」、青山半蔵を加藤剛、お民を樫山文枝が演じると早くから報じられた。知ったそのとき、すぐ観劇に行くことにして、原作「夜明け前」を買い求め長いことかかって読み通した。
明治維新前後の激動期の変革を背景に、青山半蔵の思想と生涯,青山家の家族崩壊を重苦しく感じた思いが強い。
皇女和宮が中山道を下って江戸に降嫁され、また徳川慶喜の征討令で東征官軍が馬籠宿を下ったこのあたりも描かれている。

演劇「夜明け前」は文学作品の大作と同様、村山知義が残した日本近代演劇史上の大作である。
その脚色に今日性の光を当てた意欲の新演出となった。
新国立劇場の開場記念公演のコピーは ”青山半蔵、平成を覚ます” であった。

劇は・・・。半蔵の加藤、加藤剛の青山半蔵、ぴったりとはまり役と言うのか。
妹尾河童の舞台装置は全編通しである。劇的に広がる事象心象をこの空間で展開させる。
感動や興奮がつきもののハイの状態で幕間へ。ロビーの売店では五平餅が売られていた。生まれて始めて食べたのだが、一挙に木曾への旅へと駆りたてられた。

『夜明け前』から木曾紀行へ・・・2

旅行する楽しみは、見るところ、泊まるところ、日程を、ああでもない、こうでもないと、列車やバスの時刻表であれこれ組む、その作業が楽しい。

今回の旅は今までのいろんなプライベートの旅行のなかでも、思いがけない出来事や感慨の深い旅となった。

行き先は列車、バスを利用して中央本線の駅と中山道周辺の木曽路宿場を巡るのだった。
JR中央本線の新宿発特急下りは、塩尻より篠ノ井線に入って、松本行き「スーパーあずさ」がほとんどである。
塩尻から中央本線終点名古屋までは松本からの特急があるが、目的地の木曽路へは塩尻から各駅停車を乗り継ぎ、ところによってはバスに乗り継ぎをすることになる。

そして、木曽路の旅は馬籠宿から中津川、名古屋へと中央本線で行き、東海道新幹線で東京に戻るというコースで終えたのだ。

木曾紀行記・・・1
2002年5月13日(月)
塩尻で旨いそばを食べる

松本行きの特急に乗車したので目的地の中央本線木曽方面へは塩尻で名古屋行きに乗り換えのため下車。待ち合わせの合間に改札を出て、すぐ傍らのそばやさんに入った。
麦とろと、もりそばのセットを食べた。これが思いがけず、おいしい。
五平餅につられた旅の幸先のよさ。嬉しくなった。

信州そばはおいしくて好きなのだが、本場、現地で食べるのは格別おいしい。この店が特別おいしいのか?旅のこの先、木曽福島でも有名店のそばを食べたが、どちらがおいしいかなど比べるのは、ナンセンスなのかな?

贄川宿へ
中山道木曽路に十一宿あり。信濃より木曽に入った最初の宿場が贄川宿である。
JR中央本線塩尻から各停名古屋行きに乗り
贄川駅に
JRのこの路線の各停の車両は、ローカルのほのぼのとした乗り降りの仕方だ。ワンマンで、乗るときは扉の横のスイッチを自分で押してドアを空けて乗る。無人駅で降りる時はそのドアから降りて先頭車両へ行き、高い窓から見下ろしている運転士さんに乗車券を恭しく掲げて、チェックしていただく。
平行して流れる奈良井川の流れる水音に気がついて旅の気分になってホームを歩いていたら、後のほうでドアの閉め方のタイミングが悪かったのか、下車する高校生が頭を一瞬挟まれるハプニングがあった。車内でげらげら笑う生徒や客の様子で、たいした事はなかったのだろうが、なんとのんびりとしたことか。

降り立った駅の両側に山が迫っている。
中山道を木曽路に入る北の玄関口、贄川宿。
「これより南 木曽路」の石碑があることでも知られる。

『夜明け前』の冒頭の一節に、木曽路はすべて山の中であるとある。
木曽路は東に木曾駒ケ岳を主峰とする木曽山脈、西は御嶽山などの飛騨の山々が続く。この東西の山塊を縫って、木曽川の渓谷があり、旧中山道、現在の国道19号線、JR中央線が南北に走っている。

通過しているのは特急列車で、ワンマンのローカル各停列車は写し損ねた。
贄川駅からすぐのところに、贄川口留番所がある。
慶長年間(1600年代)木曽檜の闇搬出を防ぐ「白木改」の役と、通行人の取り調べのために置かれた。
贄川駅よりこの関所橋(メロディー橋)を渡って贄川関所・木曾考古館に向かう。
由緒が書かれていて、メロディーが流れる。
贄川関所・木曾考古館
写真はその番所.仲間部屋の窓である。
女人改めにも使われた。
案内人の説明は面白い。当時の事を伝えてくれる。

この木の窓は、左右にスライドして開閉する。
窓の下の谷底は奈良井川で、関所だけに谷間に在り、川の向こうには山が迫っているのが見える


次は木曽塗器の街へ・・・続く。
木曾紀行記・・・ 2
木曽漆器の街・平沢へ
JR木曽平沢駅
JR贄川駅の隣、木曽平沢駅に並行する旧中山道街道筋に100軒以上の漆器店があり、路地裏には工房がひしめいている。毎年6月木曽漆器祭りがここで開かれ、大量展示、大奉仕価格で全国から大勢の人が集まるそうだ。

訪れたのは平日で閑散として人通りもなく、店も開いているが応対する店の人も見当たらない、といった感じであった。

600年の伝統を誇る木曽漆器の生産地として、また、1998年長野オリンピックのときの金銀銅メダルが木曽漆器蒔絵の技法でこの地で作られたこと、更に小学校の給食の食器に郷土の漆器を採用したことなどで知られた楢川村平沢地区。村の小学校は総檜作りだ。
その中で気に入ったお椀のセットを、とある店で買った。自宅に送ってもらう手続きをするのに、店の奥の座敷に是非上がってと、あるじ老夫妻に勧められるままに上がりこんだ。奥の間のしつらえ、庭の造り、何れも伝統工芸品に携わるあるじの美意識のようなものを感じさせる趣であった。

私の選んだ器を、どのようなところが気に入ったかときかれ、いろいろと話した。夫人がお茶と手作りのフルーツ菓子を出された。器が漆グラスで私は初めて目にするもの、淡いお抹茶のような色彩が塗られたものであった。美しい。そこでまたひとしきり話がお菓子の材料と漆グラスのことで話が弾んだ。
そして、この街で最初に入ってお椀をみて気に入った別の店に戻って、ふたたび派手ではないが今日風の斬新なデザインの美しいその品を手にしていたら、店の主らしい壮年の方が寄ってきて、そのお椀の制作技法の専門的なことを、わかり良く説明してくださった。ほかに、茶碗敷何枚かとあわせて買い求めた。これも、自宅送りの手続きをしている間、奥まったところに椅子席の囲炉裏のあるところに案内されてお茶を頂いた。地元の人であろう若い店の女性の物腰振る舞い、そのコーナーといい、なんとも言えぬ美しく豊かな趣だ。この店は創業200年の歴史を誇る老舗であり、当主はその道では名高い創作作家のような方であることを、のちに知った。上記の方であった。

平日の暇な時期らしかったので、このような思いがけない買い物のしかたが出来た。旅の楽しい出合い、ふれあいが出来て良かった。


次の行き先は奈良井宿・・・。つづく。

木曽紀行記 ・・・3
奈良井宿へ
木曽路北から贄川宿、その次が奈良井宿である。JR奈良井駅で下車する。

中山道の宿場の町並みが保存され昔を今に伝えるている。
旧中山道の街道沿いの奈良井宿の中ほど、 往時のままの佇まいの民宿、しまだ。
休憩した喫茶「こでまり」の向かいのみやげ物店「おくだ」と、民宿。
奈良井宿は奈良井川、中山道、JR中央線が並行する山合、もう暮れかかっている。
奈良井川に架かる木曽の大橋などの見所は街の半ば、先は日が暮れてきたので駅に引き返す
福島宿の東側の木曽駒高原茶臼山に奈良井川の源流があり、谷を流れ奈良井宿あたりで中山道に沿って北上し、松本盆地、梓川、犀川、更に千曲川に合流して信濃川となり新潟から日本海に流れゆく。千曲川が信濃川と名を変えるのが長野県森村で志久見川と合流したその辺から信濃川と変わっているようだ。
木曽川最源流はここ奈良井宿の山間の西、鉢盛山の奥深い森林地帯にある。木曾藪原宿あたりで木曽路に下り、宮ノ越宿、福島宿へと南下してゆく。
中部山岳地帯を源に日本海に流れてゆく川、太平洋側に流れてゆく川、木曽路でこのような地理を見つけたようで、これもまた面白い。

次は木曽福島、第一泊の宿へ・・・つづく。