青春の彷徨 北国編

北国の冬、雪山を見に列車で北上。

吹雪で稜線はよく見えない。
荒涼とした、山麓。
北海道・駒ケ岳、1961年
何を見に、こんなところまで来たのか。

旅する女。眠っているいる姿を写しても、もう、咎める人はいないだろう。海岸沿いに列車は南下し、暗い海、雪の山村を抜ける。

1962年、青函連絡船で旅を折り返す。旅立つ人と見送る人がひととき紙テープを持ちあい,
別れを惜しむ。

タグボートが連絡船を牽引して離岸を誘導。     黒煙を上げフル出力。

  

                                  ここは、陸奥湾、青森港が近い。

       
旅立つ青年の後ろ姿は、寂しげだ。

色鮮やかな三色の紙テープは風にはためき、タグボートが遠ざかってゆく。

船首が旋回して進むと、港に面した古い名門の金森ビルや赤レンガの倉庫群が見える。

港からだいぶ離れた。かもめが追いかけ飛び交う。

港の防波堤の突端を廻ると、港外だ。防波堤の内、外で波が違う。  もう、全速前進で函館湾を抜け、一路、津軽海峡、青森を目指す。

微速前進から徐々にスピードを上げ、港を遠く離れてゆく。 ふるさとの街、山並みは、冬の曇天ではっきりとは見えない。

青春の彷徨 北国編Uへ
TOPへ