ルオーに魅せられて

ルオーの絵をはじめてみたのは1960年(昭和35年)ブリジストン美術館(京橋)でのことだった。
当時は石橋正二郎氏のコレクションの常設展で、紀元前のエジプトやギリシャで出土された彫刻と現代彫刻、ザッキン作「スリーグレーセス」、ロダンの「考える人」、ブルデル「弓をひくヘラクレス」などが印象深かった。日本絵画は有島生馬の作品、岸田劉生の「麗子像」、藤島武二、坂本繁二郎「放牧三馬」、青木繁「海の幸」などの惹きつけられられる多くのコレクションがあった。西欧の絵画での中では、ルノアールの「少女」ローランサン「二人の少女」などの官能的魅惑的な華麗さに惹きつけられた。ルオーの「ピエロ」には、魂を揺さぶられような鮮烈な印象をうけた。
 その後折りにふれ何度もこのルオーの絵の前に立った。わずか20cm足らずの目の前で、ルオーが絵筆をとり、この鮮烈な線を、激しい色彩でカンバスに向かっていたと思うと、不思議な感動にとらわれた。その感動が何度も足を運ばせた。
その間、画集を求め、ルオーの芸術がどこからくるのか、思いをめぐらせてきた。




安田火災東郷青児美術館 (西新宿):平成10年11月10日

そして、このたびのルオー回顧展でさらに多くの作品と解説を見て、より深く感銘を受けた。わけても、娼婦への怒りと 愛の涙を注ぐルオーに、深い感動を覚えた。
(掲載画はみすず書房「現代美術13巻ルオー」より)


キリスト

慕っていたパリのエコール・デ・ボザールの師ギュスターブ・モローが1898年に逝去し、またこの年両親がアルジェリへ行くなど、ルオーは安らぎの場としての家庭を失ってしまった。過酷な生活に疲弊し体調を崩してしまった彼は、1902年から翌年にかけ療養生活を余儀なくされたがルオーはアカデミックな画風を離れ独自の世界を楽しむようになった。さらにこの時期のルオーに大きな影響を与たのは1904年に出会ったカトリック作家のレオン・ブロワで、キリスト中心主義、不遇な人々に対する愛情、ブルジョワに対する義憤、近代社会に対する怒りを強く抱くようになった。 その後1911年にカトリック作家のアンドレ・ジュアンヌと親交を結び、社会を糾弾する厳しい姿勢から、「世界にもっとも美しい形を 与えることによって、世界から苦痛を救う」 画家へと変貌していった。
聖顔   1940-1948
カトリックの精神に基づいて道化師、娼婦等の主題を描いていたルオーだが彼の作品にキリス トの姿が描かれるようになるのは第一次大戦勃発前の1910年頃からである。特にキリスト像が多く描かれるようになるのは、「法廷」の連作 にキリスト像が被告として現れ、風景画にも登場してくるようになる1930年代からである。 主題としては、ゴルタゴの丘に十字架を背負ってよろよろと登るキリストに、聖女ヴェロニカ が汗を拭う ようにと手巾を差し出したところ、そこにはキリストの聖顔が刻印されていたとい う「聖顔」、他に磔刑像、上述したキリストの いる風景法廷のキリスト等が特に重要である。
ヴェロニカ 1940-48
 
磔刑のキリスト 1940-48 郊外のキリスト 1920 イェルサレム 1954
娼婦あるいは裸婦

 「ルオーにとって女性とはすなわち娼婦であり、娼婦がかれにつきまとって離れることはなく、彼は絶えずその姿を描き続けると、ルオー研究の第一人者のドリヴァルが書いているように、彼にとって最も重要な主題のひとつである。 彼にとって娼婦は特定の誰かでも、当時の風俗の一端を示すものでもなく、醜い脂肪の塊と化した裸身をさらし、快楽の獣と堕し、愚かさを露呈した絶対的な娼婦として描かれた。
つまり、彼の描く娼婦には各個人の身体的特徴に対する興味は排斥され、このモチーフを普遍的なもの永遠的なものの域にまで高められている。ルオーが娼婦像によって描こうとしたものは、この罪深さに対する憤り、 この罪を生み出したのは男たちであるという事実である。しかしながら彼は彼女らに奢った同情も、軽蔑も、非難もみせはしない。
彼は1904年に親交を結んだカトリック家レオン・ブロワの影響もあり、罪を生み出した社会に対する義憤を感じつつ個人的な悲劇の彼方にある普遍的な悲劇により、娼婦の上に怒りと愛の涙を注ぐ。ルオーが殊更裸身の醜さ、彼女らの愚かさを強調するのはこのためである。ここに人を愛するが故に、悲惨さを凝視し描くルオーの芸術の特徴が見られる。                
1939年に出版された版画集「受難」に関して、1932年月4日、ルオーは友人のシュアレスに次の手紙を書いている。       
「私は次のような根本的な真理を発見したのです。空を背景に立った一本の樹木は人間の姿と同じ興味と性格と表情をもっているのです」、と書いている。
自然の中に人の姿を生得し、さらにキリストがいなくてもそこに救世主の存在が感じられるような風景画を描くようになった。
裸 婦  1907頃
                                 

ジョルジュ・ルオー展
2000(平成12)年9月22日 東京・出光美術館
展示作品約100点は、出光美術館所蔵のものだという。
高名な美術評論家の作品の解説を読んで、色彩・マティールの油彩の技法がかなり独自のものであることがわかり、どのようにして描いたのか解きほぐされた。「ミゼレーレ」など、近づきがたい宗教的深奥の世界なの であるが絵画について無知の私は、油彩制作の技法の一端を知ることによって、ルオーに惹きつけられてきたものが、あぁ、こういうところからくるのか、と思った。
展示のご挨拶にの一節に、モローの死後、激しい筆遣いに作風は一変、とあった。また、晩年の重厚なマティール、黒 く太い筆線をとりあげ、透明な輝きに包まれた神秘的な光を放ち、絵筆によって、人間の苦悩、愛、そして希望を思索しつづけたと紹介している。

銅版画集「ミゼレーレ」
みすず書房「ルオー」掲載のテキスト「ジョルジュ・ルオー・柳宗玄」によると、1902年から第一次大戦までの時期に、ルオーは主として水彩とガッシュによってこの暗黒の世界を徹底的に描く。
それはほとんど単色の芸術とも言ってよい。そしてこの時代の彼の画業の総決算が1917年から10年、ルオーが心血を注いだもの、という。
「ミゼレーレ・メイ・デゥス(神よ、われを憐れみたまえ)」旧約聖書詩篇51にある言葉を描いた。
1948年出版のこの版画集の序文はカトリック神父で美術批評家のモリィス・モレル(映画「ミゼレーゼ」を編集。ルオーの国葬に際し追討演説を行った)が執筆している。一読して、難解である。ルオーの精神世界に近づき理解することが、心情的にわかるように思っても、信仰や素養の面から私には難しい。

連作油彩画《受難》
1933年、アンドレ・シュアレスの宗教詩「受難」に挿絵を描き詩画集《受難》を完成させた。
オリジナル色刷版画17点、木口木版画82点であった。
木口木版画は版元ヴォラールの要請でグワッシュで描いた版下画を油彩に描きなおしたという。ヴォラールの死後82点は散逸し、1962年ダラス ヴァーレハウス画廊で54点、1972年出光美術館に10点収蔵されたという。
アンドレ・シュアレスとルオーの二人の書簡集について北九州市立美術館のホームページに紹介されている。 {アドレスはこちら http://kmma.jp/ の"美術の森 ニユース"です}
福島繁太郎の解説、会場に掲げられた解説によると、ルオーの晩年、後期を分ける指標はマティールの違いにあるという。中期の油彩画はスクレバーによって薄く削り取られた絵具層が幾層も積み重なってできているのが特徴で、透明感のある輝かしいマテイールを形成している。一応描いたタブローは一週間くらいそのままにしておいて絵の具が殆んど乾いた時にパレットナイフでごしごし削り取る。あとには薄い絵の具の層が研ぎだされたように残る。こうして、その上にまた描くが前の形に拘らないからいくらか形の変わることもある。(中略)かくして絵の具の薄い層が次第に雲母のごとく重なって、美しい独特のマティールを形作る。
後期油彩画ではネガティブで平面的なマティールが、積極的に絵の具を盛り上げたポジティブで立体的なマティールへと変化する。それにつれて色彩も完全に革新され、青、緑、黄、赤などの明るい色が基調となる。とくに晩年の溶岩を思わせる絵の具のまてぃーるは中世のステンドグラスやモザイク、あるいはエマーテにも似た神秘的で調和的な光を放っておりルオー晩年の心境を物語っているといえよう。
「道化師」のテーマは中期以降も現れているが宗教的主題、特にキリストの「受難」に関するものが多くなる。また、「聖書の風景」あるいは「伝説の風景」と題された、大型の、静謐な宗教的風景画が描かれはじめ晩年まで続けられる。
1911〜48年書簡をとりかわしたアンドレ・シュアレスの存在はかれの宗教詩「受難」のテキストなどによってルオーの中期から後期にかけての思想的成熟に大きな影響を及ぼしたものと思われる。ということである。

そして、ブリジストン美術館で最初鑑賞して以来大きなルオー展を巡り、作家論、評論などに目をむけて私が今たどり着いたのは、次の柳宗玄のテキストの「彼の芸術は、要するに彼自身の言葉をかりれば熱烈な信仰告白にほかならない。それは二十世紀のキリスト教思想の最も輝かしい業績の一つである。」と結んだことに気がついたことだ

                                  

ルオーの年譜からピックアップ。
1871年5月27日 コンミューヌの動乱中にパリに生まれる。
1891-95年 ルオーは絵ガラスの仕事を習い、20歳の時、美術学校に入った。ここでギュスターヴ・モローのアトリエに入り、モローの愛弟子となる。このころから宗教的主題による連作をはじめる。
93年 モローの勧めでローマ賞に「臼を廻すサムソン」を出品したが失敗。
94年 「幼きイエズと学者たち」で、シュナヴアール賞獲得。
1898年 モロー死す。モローのアトリエが美術館となり、ルオーがその管理者となる。
1902-03年 このころから新しい技法と宗教的世界観とを確立。水彩、グワッシュ、により、道化師、娼婦、サーカスなどを主題として世界の悪に対する厳しい憤怒と悲哀を暗青色を基調として表現する。
1904‐07年 レオン・ブロワを知り強い影響を受ける。
1908年 マルトと結婚。やがてジュヌヴィエーヌ、イザベル、ミシェル、アニュスの四人が生まれる。このころから「裁判」「法廷」の連作が始まる。また、貧しい人々、農夫、労働者なども描く。
1916‐17年 画商ヴォラールが熱心なパトロンになり、ルオーの作品を買い上げる。
1917‐27年 「ミゼレーレ」その他の挿絵を制作。
1918‐30年 油彩が多くなり宗教的主題が増える。色彩も輝きを増してくる。

1930年
スイスのヴァレーに滞在。作品は成熟期に入る。39年前後までにピエロ、裁判官、聖像、聖書画などの大作が次々と描かれる。色彩は更に輝きを増し透明度を加える。
・・・中略・・・
1958年2月13日 パリの自宅で死す。国葬がおこなわれる。


: