第2の章. 戊辰の役、その時会津藩・庄内藩は・・・  

★ 会津藩第九代藩主 松平容保


会津藩主は初代保科正之、第二代正経と継いで、第三代正容のとき元禄九(1696)年松平の姓を許 され、葵紋の使用
を認められる。徳川第五代将軍綱吉の時代であった。松平会津藩最後となる藩主が、九代松平容保である。容保は、尾張徳川家の支藩美濃 高須藩主松平義建の子戸藩邸に生まれる。弘化三年(1846)十一歳で会津松平家の養子となる。時は十 二代将軍家慶、孝明天皇位の年 にあたる。

嘉永五(1852)年二月十日八代藩主松平容敬病没し、容保、九代藩主となる。文久二(1862)年八月一日、幕府により京都守護職に任ぜられ幕末の難局にあたる。 この時期、朝廷より幕政改革・攘夷督促の勅使が幕府に向けられ、迎えた幕議は紛糾するが時の十四代将軍家茂 は勅諚を了承し上京する旨の奉答をし、文久三(1863)年三月の上洛となる、そのような政局の布石としての京 都守護職新設であった。新選組が誕生し京都守護職の支配下となる。局長近藤勇、副長土方歳三らの働きは戊辰 の役・東北戦線、箱舘戦争にまで及ぶ。

 容保、このときの政局は・・・・・

年表によると、文久三(1863)年三月上洛した将軍家茂は五月に帰府、長州藩は下関で アメリカ・フランス・オランダ船を砲撃、六月仏・英・米・蘭の四国代表長州攻撃を決議、七月薩英戦争始ま る、とある。

公武合体派クーデター決行す

八月十八日公武合体派はクーデターを起こし、大和行幸中止、尊攘派公卿の参内禁止、 長州藩の堺町御門警衛を任の朝議を決す。
三条実美ら尊攘派七卿は、堺町御門守護を罷免された長州兵とともに長州に向かう。 七卿都落ちである。
この
クーデーターにいたる政治情勢は簡単に要約できない。ただ、孝明天皇の叡慮を戴して先の攘夷祈願の大和行幸の中の朝議を決めるよう中川宮、前関白近衛忠煕、右大臣二条斉敬が動き始め、薩摩、会津、淀藩が加わったあたりにタイムスリップしてみよう。

文久三(1863)年八月十八日未明、中川宮が参内したのを合図に近衛・二条、そして 京都守護職松平容保、京都所司代稲葉正邦(淀藩主)も続いた。薩摩・会津・淀の藩兵が武装して九門に入り、内から閉ざした。 警備完了を告げる号砲が放たれ、なにごとかと驚く長州兵は誇り高き持ち場である堺 町御門に駆けつけたが、一歩も入れない。他の門も同様だった。朝議は号砲と共に始まり、大和行幸は延期、尊攘派公卿の参内・外出・他人面会を禁止、長州藩の堺町御門警衛を任等の議を決す。松平容保は朝議参与を命じられていて、この朝議に列していた。これが八・一八政変であり、この政変後幕府は、公武合体の実現に動く。容保、八・一八政変の際の功績により元治元年(1864)五万石加増、「南山お蔵入地 方」が藩領に加えられた。
その後、八・一八政変の一年後元治元年七月禁門の変においても、蛤門を守って長州 勢と激しく戦った。クーデターで追われた長州は地位回復を嘆願のための上洛をするが、薩摩の島津久光、京都守護職松平容保を君側 から除くのが真のねらいであったが、八・一八政変の復讐でもあったともいわれる。  

戊辰戦争の遠因

八・一八政変、禁門の変はその遠因を開国、尊王攘夷、公武合体の抗争がら生まれる 新時代への地鳴りであるとして、捉えなければならない。その遠因となる歴史を遡ってみる。
1800年代、オランダ、イギリスなどの来航、諸国からの通商、開国要求があいつ ぎ、ペルーの来航を迎えた時代 孝明皇は、一貫して攘夷主義で、宮廷を取り囲む因習としきたりを守ろうとした。弘化 三年(1846)のご即位より慶応二年(1866)十二月二十五日の突然の崩御までのご在位は、激動のご生涯であった。
これより前、先帝の仁孝天皇、十一代将軍徳川家斉の時代では天保二年(1831)に は外国船蝦夷に侵入し松前藩が退したとされており、翌年琉球には英吉利船漂着、シーボルト事件、アメリカ汽船 モリソン号事件と、通商開国になる 事件が相次いだ。

天保十三年(1842年)十二代将軍家慶のときアヘン戦争で中国がイギリスに敗れ、 香港の割譲と五港開港するとの報幕府、時の知識人に強い衝撃を与え、海防、攘夷論が激しくなる。
1844年オランダ軍艦長崎に来航、その後イギリス船、フランス軍艦の琉球来航、ア メリカ東インド艦隊司令長官ビットが 浦賀に来航し、通商を幕府に要求するなど、新時代の地鳴りとも言うべきさなか に孝明天皇は即位された。

神奈川条約・下田条約と相次いで調印。日英和親、日露和親、日蘭和親を安政二年 に至る間の調印が、政情波乱のなかにおこなわれた。日米条約調印の勅許請求に老中堀田正睦が上京したのは十四 代将軍家茂のとき、安政五年(1858)正月のことである。
孝明天皇これを拒否し、「再度、諸大名の意見を徴してから願い出るように」との勅 諚を堀田に渡す。この年4月大老となっていた井伊直弼、家定を将軍継嗣に推すことと、ハリスとの 日米条約の課題があった。井伊は調印の約束の即時実行 をハリスに迫られ、これに屈して独断専行で調印を行う。一橋 慶喜擁立の松平慶永(春岳・越前井藩主)、徳川斉昭(水戸藩9代藩主)、徳川慶篤(水戸藩主)、徳川慶勝(尾張藩主)ら 改革派大名が登城し、「違勅調印、朝意侮辱」と非難して井伊を責めたが、のがれられる。翌日井伊は将軍継嗣は慶福 (のちに家茂と改名)と発表、一橋派は 敗北し「不時登城」の罪名で処罰されることとなる。
孝明天皇は、直ちに退位する、と表明するが幕府に対して、「条約調印の批判、国内治 安を保ち、外国に侮りを受けぬよう」との勅諚と、水戸藩に対しては「内勅」を発す。

水戸藩への内勅の下ったのを知った井伊は京都所司代(小浜藩主)酒井忠義、老中間 部詮勝を上京させた。
孝明天皇
の退位を思いとどまらせること、通商条約の追認を得ること、家茂への将軍宣下を 得ることが使命だった。

  安政の大獄

間部は京都で、尊皇攘夷派の弾圧を始める。逮捕された志士たちは江戸に送られ、 一橋派にかかわった公卿の多くも追われ、孝明天皇の側近は親幕派で固められる。安政6年(1859)、梅田雲浜(越前福井藩士)ら逮捕、西郷隆盛、奄美大島へ亡命。安島 帯刀(水戸藩側用人・幕府改革内勅を得た責任を幕府に問われ自刃ともいわれた)死刑、梅田雲浜獄死、橋本佐内 (福井藩士・緒方洪庵に医学洋を学ぶ。慶喜擁立に活躍)、頼三樹三郎(頼山陽の第3子・勤王家)、吉田松陰処刑さ る。

水戸藩の「内勅」は、幕府への返納命令で藩内が割れる。攘夷論の斉昭を支持する改 革急進派と、保守派が対立し、血を生む。急進的なグループから脱藩して、井伊一人を倒す行動となる。薩摩藩士も加わり、桜 田門外の変をおこす。

 公武合体、長州藩の登場

翌万延元年(1860)、将軍家茂、孝明天皇の妹、和宮を迎える旨公布。文久元年(1861)、長州藩主毛利敬親、吉田松陰門下生桂小五郎らの水戸との連携活 動に呼応して朝廷と幕府との間 に 政治的和解、提携を実現させようと動く。毛利藩直目付・長井雅楽の「航海遠略 策」を藩論とし京都と江戸の斡旋活動に入る。

このころ、尊壌派の外国商館襲撃、アメリカ領事館ヒュースケンの斬殺などテロが 続く。また、ロシア艦が対馬に強行停、上陸の事態となり、幕府は退去を迫るが、イギリス東洋艦隊の干渉でようやく退 去した。文久2年(1832)、老中安藤正信坂下門外にて水戸浪士に襲われる。同年2月、皇女和宮降嫁。岩倉具視の策、降嫁と引き換えに幕府は「破約攘夷」を誓約 したとされる。

同年4月、薩摩藩・島津久光、有馬新七らを寺田屋に惨殺させる。攘夷派の島津久光は 朝廷より幕政を改革せよと朝命を江戸に持ってゆくべく、挙兵上京を企てた。このとき、京都では尊壌志士が結集 していた。反乱を起こし混乱に乗じて幕府を倒そうという兆しがあった。反乱の噂を聞いた西郷は、久光の下関で待てと の命にそむいて大阪に直行、反を防ぐ工作をした。が、遅れて大阪にきた久光の怒りに触れ、鹿児島に返され、さ らに流罪となる。有馬新七が反乱の口火を切ろうとする。久光はこれを鎮撫しようと宿泊先寺田屋へ向かわせる。有馬らは 主命をきかず、悲惨な同士討ちとなる。

このあと幕政改革の勅諚が発令され、勅使護衛として久光、江戸へ。同年7月、一橋慶喜将軍後見職となる。
同年8月、久光、薩摩への帰路、生麦事件を起こし外交上の大問題となる。
翌文久3年(1833)安政の大獄の復讐ともいうべき天誅の嵐が起こる。尊皇攘夷急進 派・天誅組による大和五条の乱、 生野の乱と続く。この間に八・一八政変が起きている。

幕末期に、尊王・攘夷・佐幕・開国となった内乱の兆しはどのへんにあったのであろう か。尊皇攘夷の思想の発現地は戸藩の水戸学にあったのか。
徳川斉昭―藤田東湖の天狗党主導の後、諸生党結城寅 寿の台頭、斉昭が結城を抹
殺する内紛に至る。やがて、水戸藩に対する密勅事件、井伊大老の安政の大獄と騒然と なり、水戸藩士の桜田門外の井伊大老襲撃事件を引き起こす。筑波山に屯集の天狗党に諸生党と来援の幕府軍が討伐 に向かう。、天狗党は時の禁裏守衛総督徳川慶喜に攘夷の訴えようと、はるか上洛することを決行する。那珂湊から 栃木、群馬へすすみ、高崎藩兵と戦い撃破して信州の山岳を1トン以上もある大砲12門を引き、押して険路を進む。諏訪 高島藩・松本藩連合の藩兵と大戦闘の上これを撃破し美濃に進む。
ここで禁裏守衛総督徳川慶喜天狗党を賊軍として認め自ら兵を率いて、天狗党の 進路に向かったとの情報に接した。

慶喜との衝突を避け、北国に入り越前から京に迂回しようとする。が、厳寒期の山中を 彷徨の果て越前に入った武田耕斎、藤田小四郎率いる天狗党は、幕命を受けた加賀藩3万との対峙することとなり、 ついに降伏す。那珂湊を発して二ヵ月後、元治元年(1864) 12月17日のことである。水戸で戦った幕軍総督の田沼意尊の 命により加賀藩お預けとなり、敦賀の鰊倉に投げ込まれる。斬罪など の処刑にあたったのは、かって井伊大老を水戸浪 士に打たれた彦根藩の侍だったという。
前代未聞の極刑と復讐を天下にしらしめた事件だ。

この後、幕府が崩壊する驚天動地となるが、水戸藩も天狗党と諸政党の血の報復惨 劇の末、相討ち根絶やしの結末とな る。

戊辰戦争勃発

禁門の変のあと京都守護職松平容保は、慶応三年(1867)十月十三日倒幕の密勅が薩 長に下リ、翌十四日、十五将軍徳川慶喜大政奉還を上表するなど激動の渦中に置かれていた。
孝明天皇急な崩御のあとの幼帝を擁して、薩長の倒幕派が小御所会議によるクーデタ ーを起こし、十二月九日王政復古の号令が発せられ徳川慶喜に対して辞官・納地が要求された。また西郷隆盛 が薩摩浪人を使って江戸市中撹乱戦術に着手、三田薩摩屋敷を本拠にゲリラ行動をおこす。これにたまりかねた 幕府は十二月二十五日、江戸市中取締の庄内藩に三田薩摩藩邸を砲撃させる。大阪城にあった旧幕府軍は三田 事件の急報に翌慶応四年(1868)正月二日討薩を掲げ京都へ進撃する。

旧幕府軍は淀城に本拠をおき、陸軍奉行竹中丹後守が会津・浜田・高松・鳥羽の藩兵 を率いて伏見街道を進む。方、鳥羽街道には桑名藩・会津藩支配下の京都見廻組、同じく新選組、大垣藩が進 む。鳥羽街道四塚の関所で両軍が衝突した。薩摩藩の放った砲声一発で実戦となる。一月三日夕刻であった。 戊辰戦争の始まり、内乱突入である。鳥羽の砲声を合図に伏見においても開戦となった。旧幕軍の支配下にあった伏見奉 行所は長州軍に奪われる。
この夜、嘉彰親王が官軍軍事総裁となり、東寺に本陣を構え錦旗を翻す。このこと によって旧幕軍は朝敵となった。四日、旧幕府軍は淀城に入ろうとするが時の老中で城主の稲葉正邦、政府軍 に内応し入城を拒む。正邦は八・一八政変の際の京都所司代であり、京都守護職松平容保と共に幕府側で重大 な役割を果たした五ヵ月後の激変である。山崎に布陣していた津藩、井伊大老を出した彦根藩も官軍であ る。幕府軍は総崩れとなり敗北する。六日には慶喜は大阪を脱して榎本武揚の開陽丸で江戸に向かう。

翌日政府は慶喜への追討令を出しついで諸地方へ鎮撫総督を派遣した。二月九日総 裁有栖川宮親王が東征大総に任命された。かっての婚約者和宮は将軍家茂未亡人として江戸にいる。東海・ 東山・北陸三道に先鋒総督および鎮撫使とてそれぞれ進撃した。薩長を主力とする二十二藩の政府軍が江戸 に向かう。
徳川慶喜、二月十二日江戸城を出て上野寛永寺で恭順の意を表していたが、静寛院宮 (和宮)や勝海舟の救解運動が成功し、西郷隆盛の斡旋もあって江戸城明渡しが決定、慶喜は水戸に謹慎、軍 艦、銃砲の引渡しなどが取り決められて四月十一日政府軍が江戸城を接収した。

このあと、旧幕軍主戦派は関東各地で騒擾を起こす。鳥羽伏見で敗れた近藤、土方は 江戸に戻っていたが甲陽鎮隊を作り三月一日、甲州へ向け出発する。土方は途中で分かれたという説もあるそうだが、甲州 勝沼で板垣退助率いる東征軍に敗れた後に下総流山で再び政府軍と戦って敗れ、近藤は囚われの身となる。四月三日土方はここで 近藤と訣別し市川方面逃れたが、密かに江戸に戻り勝海舟に近藤の延命工作をする.近藤、土方が勝海舟と密接な連携をしていたことが伺える。捕らえられ、尋問されても勝との関係は一切話さなかったという。

だが、近藤勇は政府軍によって板橋宿で処刑された。
ここで、近年放送のNHK「そのとき歴史が動いた・新撰組の夢、関東に散る」は「近 藤勇書簡」、「海舟日記」などの史実、取材より構成されているが、その資料の中から近藤勇 の辞世の句と残した手紙を書きとどめて置く。

孤軍たすけ絶えて俘囚となる
顧みて君恩を思えば

涙、更に流る

義をとり生を捨つるは

吾が尊ぶ所快く受けん

電光三尺の剣

只将に一死君恩に報いん

                                 ΨΨ

「万一の事もこれある節、 小子の宿願、歳三氏へ篤と申し置き候。剣流名は 沖田へ相譲り申したく、よろしく御心添えくだされたく」
                                      ΨΨΨ

戊辰の役、東北戦線へ

慶喜が寛永寺に蟄居のころ、旧幕府兵約300が下野方面に江戸から脱走している。四 月十一日には歩兵奉行大島圭介が率いる伝習隊約2000人が脱走し、市川で土方歳三の部隊を吸収して宇都宮城を 攻略し陥落させるが、四月二十三日板垣退助の土佐藩兵を加えた官軍の来襲に宇都宮を追われ、日光に本拠を移 して今市を攻めるが失敗、会津方面に移動していく。

これより先二月、慶喜の家臣渋沢成一郎、天野八郎らが彰義隊を結成したが、これは 寛永寺に蟄居中の慶喜を守護する名目だった。五月十五日、官軍の総攻撃に彰義隊は壊滅する。

官軍の総攻撃にいたるまでには朝廷の徳川処分案の重大な決定があリ、勝海舟と官軍 の政治的戦略の攻防があった。その間に生じた戦端開始であり、その後の戦局の転換点であったとみられる。敗残兵は東日本各地へ逃げ再戦の機を探す。

戊辰の役、東北戦線・・・このとき、松平容保は

戊辰の役勃発のとき会津藩が鳥羽伏見で参戦しているが、この時のストーリ ーに松平容保の名が出てこない。前年の慶応三年十二月九日王政復古の号令が発せられた日、京都守護職 が廃止され、帰国を命じられていた。遡ってたどると、京で大政奉還の後大坂城に退去した慶喜のそばに、容 保と会津藩兵がいた。鳥羽伏見の敗戦に驚いた慶喜は、ひそかに容保らを連れて開陽で江戸に帰っていた。

先に政府は、左大臣九条道孝を奥州鎮撫総督、薩摩藩士大山綱良・長州藩士世良修 蔵を参謀として東北に政府を派遣していた。仙台藩主伊達慶邦に会津追討令が下ったのは、慶応四年一月十七日である。鳥羽伏見の役の敗戦直後、一月七日慶喜追討令を出してまもなくである。

会津藩史略年表によると慶応四年二月四日容保、藩主の地位を養子喜徳に譲り、恭順の意 を表す、とある。二月二二日に容保は会津若松に帰国している。






 仙台藩伊達慶邦に会津追討令が出された時、秋田・南部・米沢の三藩にも仙台に協 力せよとの命も下った。仙台藩は出兵猶予の嘆願書を京都に提出したが却下される。この動きが会津救解運 動となる。庄内藩は最初討令の対象になっていなかったが、三田薩摩邸攻撃で先頭に立ったのだから、追討の 覚悟をしている。庄内、会津の軍事協定が結ばれたのは四月である。

 奥州鎮撫総督の参謀世良修蔵と大山綱良は仙台に入り、傲慢な態度で出征を迫る。 仙台藩はいちおう出征準備にかかるが、米沢藩や二本松藩と組んで会津討伐令の取り消し工作をした。会津が 討伐中止の嘆願書を提出したのは閏四月四日だった。しかし世良は会津藩恭順の嘆願を拒否する。

 奥州全体を敵として大軍でたたきつぶすしかない、と書いた大山宛の密書が仙台藩 士の憤激を買い、世良は殺害され、その首は鎮撫総督本営の置かれた白石に送りつけられた。世良を暗殺した勢 いで仙台・米沢藩を中心に二十五藩が奥羽列藩同盟を作り、五月三日新発田・長岡藩など北越六藩も加わって 奥羽越列藩同盟が結成、公現親王を擁し大鳥圭介や彰義隊の残党も参加して政府軍に対抗した。政府は武力征 討を決意し、五月十九日熾仁親王に会津征伐大総督を兼任させ、奥州征討白河口総督に岩倉具定、同平潟口総督 に四条隆謌、同越後口総督に高倉を任命して進撃を開始した。

白河城を占領した政府軍は、つぎつぎと東北の諸藩を降して八月下旬には会津若松 城を包囲した。河合継之助の指揮する長岡城攻防は越後方面で一月に及ぶ最も激しい戦いなったが、河合が 戦死して七月、官軍の手に落ちる。この北陸道の政府軍は北陸の各藩を帰順させ会津攻略に向かう。四方から 迫った官軍が会津若松城攻撃にかかったのが八月二十三日である。

この日、白虎隊の悲しい事件がおきている。藩士の家族、女性と老人の多くが戦いの 邪魔になるからという理由で自刃して果てていった。官軍攻撃と同時に女子供も入城することになっていたが、 それでも死を選ぶものが少なくなかったという。  この間、討伐総督は「本領安堵」をえさに同盟軍を分断する作戦を取り、まず米澤藩 が降伏。ついで盟主格の仙台藩も九月十五日降伏した。

九月二十二日、一か月にわたる篭城戦のあと、ついに会津藩は降伏した。
会津若松城下は官軍の軍政下におかれ、強姦と略奪の地獄図が現出したという。東北 戦線最後に降伏したのが九月二十三日、庄内藩である。
 司馬遼太郎「街道を行く」北のまほろばの一節に、容保が京都守護職となり孝明天 皇の殊遇を得たが、しかしながら、たとえば浪士結社新撰組をその傘下に置いたことなどで、討幕派から憎まれ た。結局、会津は戊辰戦争に於ける最大の標的にされた。とある。

 98年、NHK大河ドラマ「徳川慶喜」で京都守護職松平容保の登場した場面は感銘 深いものがあった。
会津落城の前いち早く脱走した会津藩士、桑名藩士、伝習隊、彰義隊の残党、新撰 組の土方ら、約三千人が仙台に合流する。これより先、八月十九日旧幕府海軍副総裁榎本武揚が開陽以下八隻の 旧幕艦隊を率いて品川を脱走蝦夷地を目指した。途中仙台藩領に寄航し、ここで集結していた旧幕臣、脱走兵 を収容し蝦夷に向かう。戊辰の役箱舘戦争へと突き進むこととなる。
 半年にわたった戊辰の役東北戦争は終わった。

慶応四年(1868)七月、江戸は東京と改称す。
同年九月八日、明治と改元す。
翌十月十三日、明治天皇東京に行幸す。

 会津藩のその後

 藩主松平容保・喜徳父子は瀧澤の妙国寺に入って謹慎、藩士たちは猪苗代・塩川村 で謹慎す。十月十九日容保・喜徳父子は東京に移され、因州池田家、久留米有馬家にそれぞれお預け、明治二年 正月には旧会津藩士らが東京、越後高田、信州松代に移された。五月、戦争の全責任を追う形で家老萱野権兵衛 長修が切腹、会津戦争に終止符が打たれた。

松平家は明治二年十一月家名再興を許され容保の子容大に、陸奥北・三戸・二戸郡の 内三万石を与えられた。下北半島では米がほとんどとれないから名目に過ぎなかった。斗南藩と称した。
 再び、司馬遼太郎の「北のまほろば」から引用する。会津藩最末期には四十五万石 とされたが、戦後没収され下北半島に移されて三万石、しかも名目だけでいわば全藩が流罪になったことにな る。もともと会津藩士の数は戸数にして四千戸といわれた。斗南に移ったのはその内約二千八百戸、約一万四千 人といい、別に四千三百戸、一万七千人という説もあって、正確なことはよく分からない。
 会津藩の斗南入りは明治三年五月で、土地にもとからいた三百戸の人々は、軒ごと に提灯を掲げて祝ってくれたという。藩士たちはとりあえず民家に分宿した。が、開墾しようにも農具もなか ったという。
 移住は大変なことだった。藩では、かれらに支給する旅費さえ事欠いたという。新 政府はその窮状を見かね、アメリカの汽船を傭って輸送した。内々会津藩への処置が酷でありすぎたという反 省が生まれていたのかもしれない。開拓は容易に進まず、厳冬の中で単衣を重ねてすごすものが多く食べ物と いえば、わずかな扶持米と稗、それに山野を歩いてとった葛や蕨さらに浜辺に打ち上げられたこんぶやわかめ の根を細かく刻んだものである。あまりの粗食に、若くして頭髪の抜け落ちたものもいた。
明治三年七月、政府は賜米という名目で、米四万五千石を与えた。あらたな隣県、弘前藩も明治四年三月千五百両を贈り、内五百両は現金でなく鋤・鍬 など千挺という現物で支援した。 農地の開拓は、大半失敗した。北海道に屯田兵として移住したり、遠くアメリカ・ カリフォルニアへ移住した人たちもいるという。

 司馬遼太郎はまだ多くの人々を、この紀行文に登場させる。先の昆布の根を刻んで 食して少年期を過ごした人に、後の陸軍大将柴五郎があり、白虎隊に入っていたが年がひとつ足りず外された という、のちに理科教育の大先達、東京帝大総長となる山川健次郎博士がある。山川博士は、話が白虎隊のこと になると、そのつど落涙したという。

「日本歴史展望;幕末・維新をいろどる群像」には、この柴五郎について次のように 記載している。下北の荒撫地におくった悲痛と貧困の様は柴五郎「ある明治人の記録」に詳しい。 柴五郎の祖母や母、姉妹も開戦の日(会津戦争)に自刃しているという。

明治四年(1871)七月廃藩置県により、斗南藩は斗南県となり、九月には弘前県と合 併して青森県となる。

 

第3の章. 戊辰の役・箱舘戦争へ・・