照姫まつり      2004年4月24日 東京・練馬区 石神井
* 祭りの由来 * 1477年大田道灌に攻められ石神井城が落城したとき、城主豊島泰経とともに三宝池に入水した泰経の娘照姫の伝説にちなんで生まれた

東京練馬に伝わる中世の悲劇のヒロイン照姫が華やかな衣装で中心になり、石神井城城主豊島泰経、城主奥方、勇ましい鎧姿の武士団と美しい時代衣装をまとった侍女の行列が石神井の街を練り歩きます。
照姫、奥方、侍女たちの舞と武者による勇壮なパフォーマンスは現代の人々を魅了します。

中央の武将は城主豊島泰経で俳優伊藤克信さんが演じ。その左が照姫で、区民の中からオーディションで選ばれた村松真衣さん。奥方は、武将の一人おいて右、江口博美さん。







照姫


豊島泰経公


TOP へ