宇治・京都 紀行   

宇治 編  
uji_kyo1.jpg 宇治・平等院の北側を流れる宇治川
川も橋も、この周辺の寺院・神社、この地の戦乱、生まれた文学など、いずれも歴史が古い。
画面右が上流で、遡ると瀬田川.琵琶湖に至る。
左の写真は宇治市の中心、宇治川の中洲の塔島に架かる喜撰橋。.
そして、中央に写っているのは、十三重石塔
この塔は、1286年(弘安9)、宇治橋〔この地点より500メートルほど下流・左手)の架け替えの際建立され、現在のものは1908年再建されたもの。
塔ノ島には宇治公園があり,
修学旅行の生徒が休んでいた。
川辺には鵜飼、船遊びの船が繋がれている。
画面左となる下流に進み橋を渡ると橘島である。
橘島には『宇治川先陣の碑』がある。
2005年NHK大河ドラマ「義経」5月29日放映分で木曽義仲が京へのぼるあたりが描かれいていたが、この後に起きた戦闘は、《「平家物語」下巻第九・二、「宇治川のこと」》に源義経の軍勢と木曽義仲の軍がこの地で戦った有名なくだりがある。
1184年(寿永3)のこの戦の記念碑なのだ。
uji_kyo4.jpg
uji_kyo2.jpg ここは塔ノ島の上流。
対岸は小高い山の左手方向に、世界文化遺産の宇治上神社橘寺、などのあるところだ。
中央の赤い橋は還流橋。
朝霧橋 画面中央に架かるのが朝霧橋。その下流に宇治橋があり、京都の南で桂川と合流して淀川となり、大阪湾に至る。
宇治川上流より見ている。
左が塔ノ島、十三重石塔の先端が僅かに見える。
立っている辺りが《宿木》のいわれのあるところ。
右岸の奥には宇治上神社、橘寺興聖寺などがある。
朝霧橋近くに《宇治十帖モニュメント》、宇治十帖散策の道さわらびの道に《與謝野晶子の宇治十帖歌碑》、《源氏物語ミュージアム(リンクしています)》ほか宇治十帖古跡が点在している。

宇治上神社本殿前。宇治上神社 宇治上神社本殿前
994.jpg興聖寺
上2枚は 興聖寺。 本堂は伏見城の遺構と伝えられ、また、宇治十帖古跡のゆかりがある。
上の写真の地点より上流になり、川幅も狭くなっている。
紫式部がこの宇治川の上流,琵琶湖に近い瀬田川の川辺近くの「石山寺」 に参篭中、「源氏物語」の構想を得て須磨・明石の巻を書いたと伝えられている。
下に「宿木」ゆかりのショットを掲載している。

uji_kyo94.jpg
uji_kyo.jpg 宿木》
紫式部「源氏物語」54帖後編「宇治十帖」古跡のひとつ
宿木。

源氏物語ロマンへの入り口となった1枚。
「宇治十帖」のあらすじと現代語訳を読んでしまった。
この案内にでてくる物語の主人公薫君、そして大君、中宮、浮舟、匂宮の人々は《橋姫》より《夢浮橋》までの十帖を読んで、やっと相関関係がわかった。
王朝貴族の恋愛模様の果てに苦悩する男女の物語に惹きこまれてしまう。
手元の潤一郎新訳源氏物語を何十年かぶりに手にしたばかりか、WEBの角川文庫 全訳源氏物語(与謝野晶子訳)、渋谷栄一訳源氏物語とそのデータベースなど古典文学と研究の膨大な世界をちらりと覗くことになる。
平等院鳳凰堂,その前が宇字池
修学旅行の中学生。
uji_kyo6.jpg
uji_kyo8.jpg 平等院 国宝・鳳凰堂。
1053(天喜元年)年創建当時のものという。
1994年,宇治上神社と共に世界文化遺産に指定された。
本尊は国宝・阿弥陀如来坐像、国宝・雲中供養菩薩像52体など安置されている。
ほかに国宝の壁画,扉絵などは宝物館に収められていて,模写されたものが鳳凰堂に飾られている。
観光に訪れる人が多い、平等院・鳳凰堂。 uji_kyo9.jpg
uji_kyo5.jpg 平等院・鳳凰堂を囲む宇字池。
宇治川の清流,前の山々を取り入れた借景庭園ををなす。
平安時代庭園の遺構で、史蹟名勝庭園に指定されている。

995.jpg宝物館 平等院・宝物館。
国宝の鳳凰堂扉絵八面、鳳凰堂壁画、屋上棟飾の鳳凰、
梵鐘などが収納されていてこの日は特別拝観日であった。
uji_kyo92.jpg uji_kyo93.jpg

 

平等院:景勝院境内の源頼政の墓。
平等院の観音堂の傍らで自害す,と書かれている。
2005年NHK大河ドラマ「義経」ですでに放映されたこのときの戦乱の発端の場面があった。

uji_kyo91.jpg 平等院の観音堂の傍らに建つ「扇の芝」。
源頼政自刃の地。
軍扇に残した辞世の句が記されている。
頼政が敗れたこの戦、『平家物語・橋合戦』に、1180(治承4)年主戦場となった宇治橋の源平合戦のことが記されているそうだ。
『宇治川先陣争い』は、この4年後のことである。
源氏ろまん 京都宇治ウェブガイド      このガイドで宇治を詳しく見られます。
京都 大原 編
uji_kyo99.JPG uji_kyo97.JPG
uji_kyo98.JPG
uji_kyo991.JPG 御殿門
2003年修復完成前の撮影である。

高い石段,城壁のような石垣に囲まれた広大な三千院の山門である。

1枚目から連続している参道の石段、参詣の人々の様子が
三千院をうかがわせているのではないかと思う。
RAKUHOKU6.JPG 三千院/朱雀門
画面左下にそのように書いた案内がある。
定かではないが1955年に訪れたときのモノクロ撮影。
私のHP『青春の彷徨・京都編U』に、この写真をUPしたときは、どこであるかわからなかった。
今回,三千院を調べていたら,究明できた。

この写真正面が門の内側で,表は朱色であることがわかった。
昔、極楽院を本堂としていた時の正門であったそうだ。
この背面に、往生極楽院がある。

青苔が敷き詰められているが、修行僧に修養の教えを説く
いわれがこめられているそうな。

三千院ガイド
 はこちらから。朱塗りの朱雀門がみられます
国宝・往生極楽院
仏陀三尊

画面左木立の間に見える案内板に、
そのように書かれている。
仏陀三尊とは,阿弥陀如来坐像を中心に右に観世音菩薩,左に大勢至菩薩である。
三尊とも「大和坐り」という
お座りになられたお姿である。

いま画面中央で参詣しておられるのは女性である。ここの御殿門までの参道に写っている人が,女性がほとんどであることに気づかれたでしょうか。

極楽往生院95.jpg
uji_kyo96.JPG 国宝・往生極楽院
杉、ヒノキ、ヒバに囲まれている。
平安時代惠心僧都(源信)というお方が父母のために姉(妹とも言われている)安養尼と共に建立されたと伝えられている。
千年の昔から,お堂の中で常行三昧の修行が行われてきたという。幾多の女性たちの祈りが込められてきたといういわれには、『女人往生』という考え方やその歴史があるようで、深奥である。

宸殿
宸殿には本尊薬師如来(秘仏)、救世観音、不動明王が祀られている。
宸殿では、雅楽と声明がとけあった歴代天皇の御回向である御懴法講が、毎年行われる。

秘仏金色不動明王を祀った金色不動堂、有清園、聚碧園
の庭園など三千院には、古来より現代まで、祈り,安らぎ,修養を求めて訪れる人がたえない。
uji_kyo996.jpg

大原の里を若狭街道に沿って
北へ。
西に折れ、険しい山道を登った人里離れた古知谷へと進む。

なぜのような、寂しいところを訪ねるのか。
寺の縁起:1609年開基した弾誓上人の念仏道場であることを知るのである.上人は即成仏(ミイラ仏)としてしられる。
紅葉の名所であり、皇族のご縁も深く、重要文化財も多い。
實相の滝992.jpg 實相の滝
阿弥陀寺領内の滝。
 
霊域の山道,山門など何枚かの写真が散逸して、あるのはこれ一枚だけである。

岩に書き出している名前から,WEBで阿弥陀を
探し当てた。  
京都市内 グループ観光編 
uji_kyo997.jpg北政所ねねの開創した寺で豊臣秀吉、北政所が祀られている。 uji_kyo998.jpg寛永寛文年間(1640,70年ころ)
石川丈山という隷書,漢詩の大家が造営した住居,庭園。

さつき、菖蒲、紅葉、四季折々の
趣がすばらしいところ。
uji_kyo999.jpg
国宝大仙院の方丈は室町時代のわが国最古の方丈建築。
禅の思想から生まれた枯山水を配した庭園は特別名勝,史蹟である。
uji_kyo9991.jpg









名勝庭園 曼殊院門跡
 写真は小書院欄間の菊(重文)、表菊,裏菊、みだれ菊。
草創は8世紀、比叡山西塔、現在の地のものは江戸時代初期の代表的書院建築。様式は桂離宮との関連が深い。
国宝黄不動尊、枯山水庭園、小書院,大書院など造営にあたられた良尚親王のご精進の遺跡だという。
TOPへ