BGM:交響曲第25番ト短調K.183より
ON,OFFはコントローラーで

映画 「アマデゥス」

「アマデゥス...!」、ドラマの中でただ一度、ミドルネームを呼ばれたシーンの映画「アマデウス」のことを多くの人がご覧になったのは、モーツァルト没後200年の1991年ごろのころだったと思います。
それまでの一般的なモーツァルト像からすれば、下品でイメージが損なわれるなど、多くの論争を呼んだり、話題作ではありました。

 サリエリの独白、神父様への告白を通じて繰り広げられた神童モーツァルトの華麗な宮廷へのデビューから、晩年の痛々しくも悲劇的な最後にいたるまでが描かれた。

 冬の夜、自ら傷ついたサリエリを運び出す馬車の轍と蹄の音が石畳に暗く響き、緊迫した導入となる。その間に挿入された25番ト短調の交響曲第一楽章の緊迫、悲壮感がこのドラマを象徴しているようであった。

 ラストシーン、モーツアルトを殺したとして自殺を図ったサリエリが、神父への長い告白を終えて施療院の回廊を歩き進む間、精神異常者の目をそむけるような姿に観客は暗澹とするのであるが、そのエンディングテーマがピアノコンチェルト20番第2楽章、ロマンツェ。  

 モーツァルト死の直前の「レクエム」の謎の依頼者の出現、この映画では死の直前、サリエリが写符に手を貸したが、その後、旅先から戻ったコンスタンツェが、「ウォルフィ」と夫に呼びかけたが既に召されたあと。誰にも看取られず、正統な弔いもされず、荒天の中、墓穴に葬ると墓守が一目散に逃げ走る、そんな無残なシーンの後に続いてのこのエンディグテーマは優美の中に哀切、暗い情念、天使の輝き、ミューズが歌えばかくのごときかの美しさであるがために、画面の悲惨さと対比される優美な旋律とリズムとテンポに、深く引き込まれて幕が下りるのであった。

 そして、このラストシーンでモーツァルトにまつわる謎がさらに深まり、観る者を次の探索に進めさせるのである。

  
エピソードへ

プロローグに戻る
 トップ アイコン