映画「アマデウス」プロローグ           BGMはフルート&ハープ協奏曲kv.299

’84年制作された映画[AMADEUS」は英国劇壇の才人ピータ・シェーフアーの舞台劇「アマデウス」の映画化したものである。
舞台劇「アマデウス」は1981年ロンドンで初演、大成功でロングランの後、ニユーヨークでも成功。トニー賞を受賞している。
日本では82年松本幸四郎がサリエリ、江守徹がモーツァルトを舞台で演じた。
映画「アマデウス」は84年の公開後02年夏、デレクターズ・カット版が公開された。オリジナル版に20分ほど加えられた。サリエリがモーツァルトの才能を妬み神に対する恨み苦悩葛藤する心理が掘り下げられている。
そして、04年5月松本幸四郎の演出、幸四郎がサリエリ、市川染五郎がモーツァルトを舞台で演じて好評を得た。


ピーター・シェーフアーのアマデウス像は・・・
近年のモーツァルト研究、ヒルデスハイマーの説による"前後の見境なくおしゃべりをし、軽率でわがまま、狭量で猥褻な言葉を撒き散らすのが大好き" なモーツァルト、そしてプローフィーが発表した小説・評論のなかの"抜きがたい父親コンプレックスが伺える『ドン・ジョバンニ』の父親殺し、『魔笛』の父親崇拝などの典拠を巧みに取り入れアマデウス像を構築した。
さらにこの作品のメイーン・テーマとも言うべき神の寵児モーツァルトへのサリエリの嫉妬が生んだ心の葛藤、毒殺説による筋立てを構成させた。

モーツァルトのイメージ
 ウォフガング・アマデウス・モーツァルト、このアマデウスの名には「神の寵児」の意味がある。
18世紀後半、オーストリア宮廷音楽家として頂点にいたサリエリがモーツァルトの楽譜を見て「緊密なハーモニー、きらめくような音のふれあい、苦悩に満ちた歓喜」を読み取り、《絶対の美》を前にして戦慄、動転し果ては失神する。サリエリは神に選ばれたのは自分ではなくて、モーツァルトだったと悟る。
天衣無縫、神童とうたわれた天才モーツァルトに激しく嫉妬し、神の不当に抗議し神の選んだ男を破滅させようとする。
 イギリス劇壇の才人ピーター・シェーファーが古来からの毒殺説にこのような神学的考察を加え脚色をした舞台劇「アマデウス」はこうして生まれ、映画「アマデウス」が1984年アカデミー賞の数々に輝くこととなる。
モーツァルトは1971年12月5日ウイーンで死んだ。亡骸は聖マルクス墓地の共同墓穴に投げ込まれ行方知れずになったという。
モーツァルトの正確な死因はわからない。早世を惜しみ彼の比類なき芸術への愛と思慕が数々の言い伝えを生み、毒殺説が今日まで論争されている。

映画「アマデウス」へ続く

映画「アマデウス」エピソードへ

TOPへ